盆栽と油絵(英語)

盆栽哲学(英語) 徴兵回避のためアメリカへ帰国(英語) 盆栽と油絵(英語) 盆栽に関する本を執筆(英語) 土地にあった盆栽作り(英語) 盆栽技術へのチャレンジ(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) I*: 次の質問です。あなたは青年期に日本で油絵を学んだのですが、それはあなたが盆栽をする上でどの様に役立っていると思いますか?

全てにおいてですね。色や形など、盆栽に関わる全ての側面で役に立ってます。油絵にはそれら全ての要素が含まれていて、盆栽にも同じことが言えます。僕が盆栽を作るときに考えることは、油絵を描いているときに考えることと同じです。だから、油絵を知ることは、(盆栽をする上で)必要なことなのです。盆栽は油絵と同じということですね。単に盆栽という違う媒体になっただけ、と僕は考えています。油絵には油絵の具を使い、盆栽には絵の具の変わりに生きた木を使う訳です。僕にとって油絵は、盆栽を作るためのスケッチのようなものですね。油絵は盆栽を作るための見本とも言えます。

*I はインタビュワー(ダニエル・リー)

日付: 2004年2月4日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ダニエル・リー
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

bonsai landscaping oil painting painting

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団