日本庭園の要(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)庭師の感性ですね。つまり、自分が作りたい庭をどのように捉えているか、どのような植物を植えるのか、という感性です。造園は芸術です。絵を描くようなものですね。美しいと感じる絵であれば、見ていて楽しいでしょう。日本庭園は、平穏を感じられるような造りになっています。小道は直線にせず、ジグザグにします。ジグザグの角に来ると、立ち止まり、周りを見渡し、また歩き出します。そしてまた角を曲がり、立ち止まり、見渡すのです。ですから、日本庭園も中国の庭園も、リラックスできるよう、目に心地よい造りになっています。瞑想のようなものですね。日本庭園とはそういう場所です。

日付: 2005年12月1日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ダニエル・リー
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

gardeners gardening landscaping

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団