英国で日本庭園をデザイン(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)イギリスに住んでいた時、ある大男の植木屋が私を見つけて連絡してきました。彼の園芸場に、日本庭園を造ってほしいとのことでした。そこは、広くて素晴らしい場所でした。細長い造りではありましたが、3か所から水が流れていました。水が引かれていたのです。日本庭園はフリーハンドのデザインなので、測定はされず、常に目測です。端の方を見て、そこからここまで、とか、そこまで、という風にデザインします。私は、日本風の橋を渡し、茶室、3つの滝のある池を作り、庭園をデザインしました。

でも、庭園に必要な石はありませんでした。通常は、みかげ石を使いますが、石の中では固い方ですね、イギリスにあるのは砂岩のようなもので、もろく、最終的に消えてなくなってしまいます。それで私たちは、コンクリートに色付けして代用することにしました。コンクリートで石を作ったのです。だいぶ時間のかかる作業でしたね。

昨年孫に会うためにイギリスへ行ったのですが、景観は健在です。娘は、「庭を見に行かないの?」と言いましたが、私は、「行かなくてもいいよ」と答えました。今では灌木も全て落ち着いています。オーナーには、「松の丸太を使う時には、表面を少し荒く加工し、ガスバーナーを使って焦がして下さい。でも木を焼きすぎないように、薄く傷をつける程度で。そしてラッカーでコーティングして下さい」と伝えました。こうすれば、古木のような見た目になります。オーナーはその通りにしてくれました。庭園は今でも健在です。

日付: 2005年12月1日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ダニエル・リー
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

england gardeners gardening landscaping

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団