ペルーからカリフォルニアに移住した両親(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)1980年代のペルー経済は、今ほど良くありませんでした。私の両親は結婚して子供を持ち、家庭を築こうとしていました。外国から移民として移住し、自分の力で身を立て、家やあらゆるものを手に入れようとしていた人々にとって、”アメリカンドリーム”はリアリティのある考え方でした。一方、1980、90年代のペルー国民にとって、政府は安全な存在ではありませんでした。私の両親はカリフォルニア州ロサンゼルスを目指し、米国への移住を決めました。

ガーデナやトーランス、サウスベイには大きな(日系ペルー人)コミュニティがあり、その中には私の親せきもたくさんいます。両親の移住後、叔父や叔母たちもみんな米国に来ました。コミュニティの仕事や活動を通して出会ったたくさんの人たちに、「実は私の家族もペルー出身だよ」とか、アルゼンチンやブラジル出身だという話を聞くことができたのは、とても素晴らしいことでした。そうした背景を持つたくさんの人たちと知り合うことができたのは興味深いことです。

日付: 2018年8月30日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: シャーロン・ヤマト
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

community japanese peruvian migration okinawan peru United States

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団