三か国語を使った沖縄での活動(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)沖縄に行った時、たくさんの文化や言語の混在が、どれほどややこしいことになり得るかが分かる体験をしました。私たちは沖縄の伝統的な小舟を漕ぐ活動に参加していました。先頭のインストラクターは日本語で指示を出していました。みんなで同じ方向に進むには指示通り動く必要があり、そうしないと船は転覆してしまいます。インストラクターは指示を日本語で叫び、前方には日本の子たちとペルーの子たちが座っていて、日本の子もペルーの子も指示を理解していました。日系ペルー人の子たちは日本語が流暢でした。日系ペルー人には日本語が堪能な人が多いのですが、これは興味深いことですね。それで日系ペルー人の子たちは私にスペイン語で指示を伝え、私は英語しかできない後方にいるアメリカの子たちに英訳して伝えました。この状況がどれほどややこしいか、この例だけでもよく分かると思います。話す言葉が違っても同じように協力することはできますし、うまくいくようにしたのはとても楽しい経験でした。私たちはただ指示を伝達しようとしていただけですが、最高に愉快な瞬間でした。

日付: 2018年8月30日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: シャーロン・ヤマト
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

culture identity Japan japanese american japanese peruvian language okinawa okinawan peru United States

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団