人間爆弾カミカゼの訓練であるとは知らされなかった (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) 当時私達は、人間爆弾カミカゼになるとは知らされませんでした。私達は単に若い特別グループを編成するために訓練をすると言われました。特別グループに選抜され、高い・・・・つまり昇進に有利だったのです。卒業するとひとつ上位の階級が与えられます。そして通常は召集されて6ヶ月から1年で一階級上がるのですが、特攻訓練を受けた者は時々、6ヶ月で二階級上がりました。

まあそれはもしかすると(?)に関係しているのかもしれません。多くの人たちが言っていましたから、本当にそうかもしれません。 でもそのことが何というか、モチベーションになったと言いますか・・・本当に・・・もし「君達は人間爆弾、人間魚雷になる」と言われていれば・・・わかりませんが・・きっと違っていたでしょう。でも私達はそうとは言われていませんでした。陸軍に入隊すると訓練が始まり、毎日、毎日、訓練が行われます。彼ら(軍人)は、良い兵士になり、そして絶対この戦争に勝つ!と言い続けました。彼らが16歳17歳の人間に及ぼす影響には驚かされます。なぜだかわからないのですが・・説得力があって、訓練を受けていた全員が本当に戦争に勝つと思っていたのです。

日付: 2008年6月17日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジャニス・タナカ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Japanese Imperial Army kamikaze

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団