アメリカでの生活に再び溶け込む (英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語) ロサンゼルスに住んでいるいとこ達は全員おじに育てられました。おじは家族中心の多少厳しい日本的なやり方で子供を育てました。ですから兄弟と私がロサンゼルスに行った時、すんなりと家族に溶け込むことができました。彼らは私達を本当の家族のように受け入れてくれました。おかげで私はカルチャーショックを受けることはありませんでした。また当時アメリカでは「Freedom(自由)」と言う言葉がさかんに使われ、強調されていましたが、私には占領軍で働いていた時すでにその感覚が心の中にしみ込んでいたので、アメリカに来ても「言論の自由」や何とかの「自由」と聞いても特に驚くことはありませんでした。私は(アメリカでの生活に)溶け込めていたと思います。

日付: 2008年6月17日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ジャニス・タナカ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

family identity

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団