子供たちへ継承したかったこと

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

幼いときから育てるの、主に家内の方に任せたようになっておりましてね。私も仕事の具合で、どうしても留守することもありますし。朝早くから夜遅くまでと、なかなか子どもの一緒に、チャンス、ゆっくり話してやるのがあんまりなかったんですよね。できるだけバケーションで一緒にどこかに出掛けるというのは、心がけてある程度やってきましたけれども。子どもたちの生活にこう、っていうのはあんまり…。子どもに向かって言ったということは、記憶にないし。でも家内の方からですね、こうこうこうしなきゃいけないということを、生活をですね。子どもを育てることについて、相談を。そんなにたくさんのことはなかったですかねえ。僕の心の中で、日本人であるということを、それとなく子どもに伝えたということはあると思うんですね。日本人だからこれをやらなきゃいけない、ということ言ったわけではないんだけど、日本人の意識という、これはある程度は子どもにも通じた気がします。

日付: 2008年6月17日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

family identity

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団