中町 泰子

(なかまち・やすこ)

歴史民俗資料学博士。神奈川大学日本常民文化研究所・特別研究員。民俗学、文化史を専攻し、占いと食文化に関心を持っている。辻占という占いを調査する過程で、アメリカのフォーチュンクッキーと日本の辻占菓子の深い関係に気付いて研究中。中町泰子「辻占菓子についての一考察―運をひらく・縁をむすぶ―」『和菓子』11号 2004虎屋文庫

(2012年10月 更新) 

food en ja es pt

ニッケイ物語 #1 — いただきます!ニッケイ食文化を味わう

日系チャプスイレストランとフォーチュンクッキー

アメリカでは、フォーチュンクッキーの起源についての関心が高い。フィッツアーマン・ブルーの研究に拠れば、アメリカ全域で行われるフォーチュンクッキーサービスの端緒は、第二次世界大戦直後のチャプスイレストランにあるとされる。

チャプスイはアメリカ風中華料理で、豚や鶏肉といった肉類と野菜類を炒め、スープを加えて煮た後にとろみをつけた料理だ。1945年、サンフランシスコの海軍基地に帰還したアメリカ人兵士達は、中国系チャプスイレストランでサービスに出されたフォーチュンクッキーを初めて味わった。すっかりそれを気に入った兵士達は、帰郷後に地元の中華料理店で同じ物を注文し、それが次第にカリフォルニア全体へのクッキーサービスに発展したとされる。

このエピソードは、中国系チャプスイレストランで1945年にサービスが行われているため、それが中国でのフォーチュンクッキーの考案を示唆し、クッキーのサービスをも定着させた根拠として提示されるのだが、この点、再考の余地がある。なぜなら、カリフォルニアでは既に戦前において、日本人製造のフォーチュンクッキーが、日本人が経営するチャプスイレストランへ流通していた経緯が認められるからである ...

続きを読む