戦後の差別(英語)

19歳で家族経営に携わる(英語) 仕事における体・心・精神の倫理(英語) 戦後の差別(英語) 本土におけるハワイの情報不足(英語) 家族優先(英語) 白人家庭に受け入れられて(英語) より難しくなってきた伝統の継承(英語) 「100%日本人」(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)5、6歳位だったでしょうか、私は、幼稚園から小学校1、2年生でした。たくさんの地元の子供たちから「ジャップ」と呼ばれました。「友達はみんな、おまえたちに殺されたんだ」なんて言われて。とても辛い時代でした。それで、もう自分の人種がものすごく嫌になって、すごく大変でしたよ。私は何もしていないのに、突然皆に憎まれるなんてね。殴られましたし、そりゃあひどいものでしたよ。たしか中学2年生か3年生くらいで大分収まりました。

まあ、時間が経てば人は忘れていきますからね。私ではなくて、そういうことをする側の人たちは、忘れていくのでしょうね。彼らは、亡くなったたくさんの親戚のことを想って…何と言うか、私にはよくわかりませんけどね。まあ、彼らは誰かを責める訳です。今で言えば、アラブ系の人たちと同じですね。9.11の後、彼らはひどい目にあわされました。誰が敵かわかりませんから、単に人種で判断されるんです。朝鮮戦争、ベトナム戦争もありました。誰が敵かわからないんですよ。今だにそうじゃないですか?

日付: 2006年6月1日
場所: 米国、ハワイ州
Interviewer: アケミ・キクムラ・ヤノ
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

discrimination racism

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団