和紙の器の制作行程(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)紙が好きなんです。紙そのものが美しいですね。紙をそのまま壁に飾っても良いくらいです。ボブの器を使って紙の器作りに挑戦してはどうかと提案してくれたのは、当時のパロアルト・アートセンターで制作していたシグネ・メイフィールドだったと思います。私はボブの器を型にして試行錯誤を始めました。うまくできたと思っていたら、マーケットでも大好評でした。私たちが夫婦セットと呼んでいた器の注文がたくさん入り、お客さんたちはボブの器と紙の器のセットを求めました。使っていたのはほとんどが和紙で、混ぜものがたくさん入っている和紙が大好きでした。

日付: 2018年11月23日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: パトリシア・ワキダ
Contributed by: 全米日系人博物館ワタセ・メディア・アーツ・センターとKCETの共同制作

art artist Bob Stocksdale paper bowls

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団