ボブ・ストックスデールとの結婚(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)ボブがどういう人か説明すると、彼はインディアナの農場出身の少年でした。彼には木材を見る目があり、物の形の才能がありました。最初の器を作ったのは、良心的兵役拒否者の収容所に拘留されていた時で、作った器をガンプス(訳注:高級インテリアデザイン用品店)に売り込みに行ったら、「ここで売ってあげよう」と言われたそうです。こうして彼はこの仕事を始めました。

デザイナー・クラフトマン・オブ・カリフォルニアというグループがあり、ボブとは時々ミーティングで顔を合わせていました。ボブはこの家に住んでいて、私はミリビア通りに住んでいました。5ブロック程しか離れていなかったので、グループのミーティングに行く時は彼が車で迎えにきてくれました。

私たちが結婚したのは1972年で、ピードモントに住む姉の家のテラスで式を挙げたんです。私たちの生活はとてもうまく行きました。ボブの作業場はこの真下の地下室で、私は2階で仕事をし、昼食の時間になるとここ(1階)で合流しました。

日付: 2018年11月23日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: パトリシア・ワキダ
Contributed by: 全米日系人博物館ワタセ・メディア・アーツ・センターとKCETの共同制作

art artist Bob Stocksdale marriage

ディスカバー・ニッケイ「トークイベント」シリーズに関するアンケート

アンケートに答える >>

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団