デカセギに来ていた父に呼び寄せられ日本へ移住

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

ぼくが来たのは、1989年9月か10月頃だったと思います。これは仕事…父親の仕事のために日本に来ました。当時は、デカセギ労働者として日本に来ていました。

まず初めに、ぼくの父親が親戚と一緒に日本に来て、当時は、2、3年で戻るつもりではいたと思います。そんなに日本に長く滞在する予定はなく、ですので、まあ、少ない荷物で、最低限の荷物だけで日本に来て、父親だけデカセギに一度来て、ある程度お金が稼げたらそのまま日本に…あ、またブラジルに戻るつもりでいましたので、家族で初めは、ま、全員は来なかったですね。父親と親戚何人かだけ先に来て、しばらく日本に住んでみたら、ま、すごく日本は住みやすいところなので、みんなで来ちゃいなよ。ていう、誘いもあって、それからぼくと母親と兄弟、その他に親戚も何人か一緒に来ました。

日付: 2016年10月18日
場所: 日本、群馬県
Interviewer: 小嶋 茂
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Brazil children of dekasegi dekasegi Japan nikkei in japan

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団