ブラジル出身であることを明確に

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

実際に今日本の企業ともう、仕事させていただいたり、そんな全くブラジルと関連のない環境の中で仕事していくと、もしかするとその環境の中で自分だけ理解してないことがあるかもしれない。そんなことがあったらまずいなと思ったりすることがあるので、なるべく初対面の時には、特に、ブラジルと関連のないところでは、もう、先にもう(ブラジル出身であることを)話するようにはしてますけれどもね。

うん…そういうところで、うん、まあ、うん、ま、なんでしょう、こう、自分がブラジル人だからとか、日系人だからとかっていうことを意識するということよりも、逆になんか相手に対してぼくがなんか失礼なことしてしまったらマズイし、そこが、まあ、ブラジル出身だっていうだけでも理解してもらえれば、うーん、ちょっと大目に見てもらえるかもしれないということもあって、一応ちょっと話はするようにはしているんですね。

日付: 2016年10月18日
場所: 日本、群馬県
Interviewer: 小嶋 茂
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

Brazilians identity nikkei in japan

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団