Stuff contributed by laurahh

デカセギ・ストーリー

第二十四話 日本人になりたかった少女の日記~その3

Laura Honda-Hasegawa

その2を読む >>

オハヨウ・ボンディア II

「JAPA」の意味を探りながら

Laura Honda-Hasegawa

言葉は生きていると思います。人の考え方や生き方が変わると、言葉も変わっていくと思います。

デカセギ・ストーリー

第二十四話 日本人になりたかった少女の日記~その2

Laura Honda-Hasegawa

その1を読む >> 2010年2月17日 テレビで初めて見たブラジルのカーニバル。そして今日、水曜日が最終日。「灰の水曜日」と呼ぶそうだ。バチャンにその意味を聞くと、「1年間、待ち望んでいた祭が、今日で終わって、皆、明日から来年を目指して頑張るんだ」と、説明してくれたけど、なぜ「灰」なのか、意味がよく分からなかった。ブラジルはやっぱり日本と違う国だと思った。

デカセギ・ストーリー

第二十四話 日本人になりたかった少女の日記~その1

Laura Honda-Hasegawa

2009年1月26日なんで?なんでブラジルに帰らなきゃいけないの?ねぇ、本当なの?と、マミーに聞いたが、マミーは忙しそうにキッチンで片付けをしていた。珍しく、そのときは「ジェシカも手伝いなさい」と、言われなかった。

デカセギ・ストーリー

第二十三話 (後編)「来ないでいい」と言いたかったが

Laura Honda-Hasegawa

ヒロユキは覚悟を決めて、早苗さんに本当のことを話した。ブラジルに居た頃、学生だった自分に子どもが生まれ、その子の母親マリア・ド・ロザリオと暮らすようになり、2年後、日本に単身で働きに来たことなどを打ち明けた。

デカセギ・ストーリー

第二十三話 (前編)「来ないでいい」と言いたかったが

Laura Honda-Hasegawa

あの日、受話器を置いて、ヒロユキは驚きのあまり、一瞬、茫然自失となった。

デカセギ・ストーリー

第二十二話 (後編)「グラウシャ」は今、何処?

Laura Honda-Hasegawa

前編 >>12歳年下のジャクソンに惚れ込んだカズエだったが、ついに、DVに耐えかねて逃げだそうと考えていた。日曜日の夜のことだった。

デカセギ・ストーリー

第二十二話 (前編)「グラウシャ」は今、何処?

Laura Honda-Hasegawa

「美容師になりたい」と、カズエは生まれ育った町を出てサンパウロへ向かった。高校を休学してまで、伯父が経営する美容院で1年ほど住み込みで修行した。その後、美容師の資格を取り、伯父の美容院で本格的に働き始めた。

デカセギ・ストーリー

第二十一話 ミッちゃんと「日本のおばあちゃん」

Laura Honda-Hasegawa

台風が通り過ぎた翌日のことでした。その日の朝は蒸し暑く、ミッちゃんは赤いランドセルを背負って、水筒を持って学校に向かって歩いていました。

デカセギ・ストーリー

第二十話 「サッカーワールドカップで会いましょう」

Laura Honda-Hasegawa

「Copa do Mundo1」がブラジルで開催されると決まった時、ケントは跳び上がって喜んだ。サッカー好きの少年は、学校から戻るといつも、宿題をするのも忘れて、近くの原っぱでボールを蹴っていた。母親はしかたのないものと受け入れるしかなかった。ケントの父親もサッカー好きで、プロになろうと思っていた頃もあったのだ。

Login or Register to join our Nima-kai

About

I enjoy spending time at bookshops, taking nice walks, trying new recipes, and travelling to many different places in my free time.
The most significant experience in my life was when I lived in Japan, 40 years ago.
本屋に立ち寄ったり、散歩をしたり、新しい料理を作ってみたり、時間がある時、いろいろな所へ行くのが大好きです。
わたしの人生のなかで一番貴重な体験は、40年前、日本で生活したことです。
Eu amo passar o tempo em livrarias, fazer passeios maravilhosos, experimentar novas receitas e viajar para diversos lugares em meu tempo livre.
A experiência mais significante de toda a minha vida foi viver no Japão, 40 anos atrás.

Nikkei interests

  • community history
  • family stories
  • festival/matsuri
  • Japanese/Nikkei food
  • Japantowns
  • taiko
  • movies

Get updates

Sign up for email updates

Journal feed
Events feed
Comments feed

Support this project

Discover Nikkei

Discover Nikkei is a place to connect with others and share the Nikkei experience. To continue to sustain and grow this project, we need your help!

Ways to help >>

A project of the Japanese American National Museum

Major support by The Nippon Foundation