長谷川 美波

(はせがわ・みなみ)

北米報知インターン記者(2018年現在)。上智大学文学部新聞学科在学中。シアトル大学で交換留学生として1年間ジャーナリズムを学んでいる。留学中に日系移民の歴史に関心を寄せ、北米報知で日系移民150周年を記念した“Nikkei Family History”の連載を担当。日系アメリカ人と日本人両者に幅広く伝わる取材活動を目指す。東京都練馬区出身。

(2018年5月 更新)

war ja

シアトルに住む日系アメリカ人のファミリー・ヒストリー

日系二世ベテラン、トシ・トクナガさん ~アメリカ軍として戦った私の戦争体験~

「君たちは70年も前のことを聞いているのかい?」

トシさんが第一声で笑いながら答えた。本当にこの人が、70年も前にアメリカ軍兵士としてヨーロッパの激戦地で戦った人なのだろうか。その笑った顔からは想像がつかない。

第二次世界大戦中、アイダホ州のミニドカ収容所で生活し、その後にアメリカ軍に入隊してヨーロッパ戦線へ向かったトシ・トクナガさん(93)。現在は日系移民向けの老人養護施設ニッケイ・マナーで妻のドリーさんと共に静かに暮らしている。部屋の壁には家族の写真や、退役軍人に贈られた勲章の数々、メダルなどがずらりと並ぶ。

トシオ・トクナガさんはワシントン州セレック出身。トシは昔からのニックネームだ。両親は愛媛県からシアトルへ渡った日系移民一世で、第二次世界大戦が始まると他の日系人と同様に、家族でミニドカ収容所へ送られた。当時トシさんは17歳だった。

収容所内の高校を卒業すると、サム叔父さんから「おいでよ ...

続きを読む

war ja

語り継がれる、戦時中の収容所での暮らし

アジア系移民の歴史を伝承するウィング・ルーク博物館のシアターで、家族の移民の歴史と戦時中の収容所での生活を語り継ぐ女性、アイリーン・マノさん。ケン・モチヅキさん著作で、アイリーンさんの家族の戦時中の収容所での生活を綴った記録「Minidoka Memoirs: The Untold Story from the Yoshito Fujii Files」にも登場するアイリーンさんの話を、今日はユダヤ人学校の生徒およそ30名が真剣な眼差しで聞き入っている。「収容所では何を食べていたの?」「どうやって生活に必要なお金を稼いでいたの?」と小学生たちからの質問はつきない。

アイリーンさんの両親が広島から移民した1920 年代は ...

続きを読む

community ja

シアトルに住む日系アメリカ人のファミリー・ヒストリー

シアトルで知る、海をまたいだ戦争体験 ~藤井ファミリー~

広島県広島市出身で、6歳から10歳まで戦争を体験し、その後結婚を機にシアトルへ移住した藤井藹子(ふじい・あいこ)さん。米国書道研究会シアトル支部やシアトル別院仏教会に属し、書道・花道・茶道などを通してシアトルの日本人コミュニティーで活躍してきた彼女に、戦時中から渡米までの日本での生活と、原爆を体験した父・七森勝郎(ななもり・かつろう)氏との思い出を伺った。

戦時中、藹子さんとその家族は、広島市教育委員会視学として広島市役所に勤務する勝郎と離れて、広島県福山市に疎開していた。福山市も、広島原爆投下の前日にあたる1945年8月5日にはB29による空爆に襲われた。それでも、広島から離れていた母親と兄弟姉妹は、被災を免れた ...

続きを読む

community ja

シアトルに住む日系アメリカ人のファミリー・ヒストリー

初めて知る日系移民ヒストリー ~イデグチ・ファミリー~

2017年9月、私は1年間の交換留学のためにシアトルに来た。東京で生まれ、21年間を家族と共に生活してきた私は、海外での長期生活は楽しみよりも不安のほうが大きかった。大学の授業では、内容を理解することもディスカッションで発言することもできず、毎日落ち込んだ。アメリカ人は皆フレンドリーだと感じたが、気軽に遊びに出かけるような友だちを作るのには時間がかかった。生活するので精一杯だった中でインターナショナル・ディストリクトを訪れた時、こんなにも日本の雰囲気を感じることのできる場所がアメリカにあるのかと驚き、懐かしさで胸がいっぱいになった。それと同時に、なぜこれほど日本の文化があるのだろう?と気になって仕方がなかった。北米報知でインターンシップを始めるまで、私は日系移民の歴史を何も知らなかった。

インターンシップを始めてから、過去の『北米報知』の日系移民に関する記事や本を読みあさった。その歴史を学ぶことは、これまで考えもしなかった自分とシアトルのつながりを感じられるような気がして面白かった ...

続きを読む