父との思い出(英語)

日本人病院と両親 (英語) 父との思い出(英語) メリノール療養所(英語) ビーチとアメリカ(英語) 第二次世界大戦中の収容所(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)そうですね、簡単に言えば、父は典型的な一世でした。第一に非常に厳しい父でした。ただしこれは父の一面で、私達の面倒も良く見てくれてました。働き者でしたね。亡くなるまで、道徳を非常に大切にしていました。信念も強く、同時にユーモアのセンスもありました。 確かファースト通りとサンペドロ通りのタウル・ビルだったと思いますけど、そのビルの3階の角に父の事務所がありましてね、そこにはよく行って、事務所の掃除を手伝いました。そしたら、子供達が大勢入ってきてね、父は子供達と話したり、笑ったりしてるんですね。本当に子供達に優しいんです。子供達が帰るときには、なにか物をあげたりしているんですよ。それで家に帰ってきて母に「ねぇお母さん、お父さんはよその子供達にあんなに優しいのに、家に帰ってきたら私達にはなんでいつも不機嫌顔なの」って言ってました。父がわたしたちにたいして好んで使った言葉は「バカ」でしたから。

日付: 2010年2月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: エイコ・マスヤマ、キャロル・フジタ、西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

doctors family issei

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団