日本人病院と両親 (英語)

日本人病院と両親 (英語) 父との思い出(英語) メリノール療養所(英語) ビーチとアメリカ(英語) 第二次世界大戦中の収容所(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)ええ、ファースト通りとフィケット通りの交差点にあった日本人病院のことは覚えてますよ。そうですね、日系社会にはそんな病院も必要だったんだと思います。だって、当時の日本人はほとんど英語が話せなかったので、いろいろな不安や心配の種になりますから。ということで、トーレンスだとか、サンタアナ、ガーデナのように東・西ロサンゼルスあたりに住んでいるある日本人コミュニティにとって、この日本人病院というのは随分大切な役割を果たしたと思います。アメリカ人用の病院と違って、随分気楽に行けましたから。 父はターナー通りにあった病院とフィケット通りにあった日本人病院に勤めていました。 父は家庭医と云うか、そうですね、内科、外科を全部診ていました。 母はハワイのカウアイ島出身で、最初は看護師になるつもりで出てきたのですが、たまたまターナー通りの病院に行きましてね。そこは看護師養成所と云うわけじゃなかったんですが、結局そこで働くことになって、父と知り合ったんです。 その頃はね、医者や看護師たち、そしてその家族みんながよく集まってパーティーとか、ピクニックをしていました。今でもよく覚えているんですが、あるピクニックで、先生達が寸劇をやりましてね。小道具なんかもきちんと揃えてね、先生達は白衣を着ているし、担架もありました。よく覚えているのは、その担架に乗っているのが父だったんです。それでね、父のお腹が非常に膨らんでいるんですよ。中に色々詰まってるみたいなんです。それで、他の先生達がその父のお腹を切り裂き始めるんです。上からも横からも。もちろん寸劇ですよ。そのうちお腹の中から、風船だとか取り出すんです。私はまだ子供でしたから、みんなが父を傷つけているんじゃないかと思って、怖かったですね。

日付: 2010年2月3日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: エイコ・マスヤマ、キャロル・フジタ、西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

japanese hospital little tokyo

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団