キャロリン・カミイ

(Carolyn Kamii)

ロサンゼルス在住日系アメリカ人四世。ライフスタイルPR会社Carolyn Kamii Public Relations (www.carolynkamii.com)社長。カリフォルニア州で初のアジア系高等裁判所判事となったアジア系アメリカ人コミュニティの先駆者、ジョン・アイソ判事の甥(姪)の娘。日本へは、親戚に会いに何度も訪れたことがある。

(2016年8月 更新)

identity en ja

平和と文化の町、長崎への旅を振り返って

私の母と夫が、初の九州旅行の行き先として最初に長崎を提案した時、私はなぜその行き先にためらいを感じたのかはよく分かりません。核兵器の恐怖や核戦争の長年の影響を私自身が直接知りたいのかどうか定かではなかったからかもしれません。しかし、それでも行くことにしたのは良い決断だったと思います。

私が出合ったのは、緩やかな起伏の丘陵に抱かれた、大きな湾を見下ろす超平和的で文化的でモダンな町でした。サンフランシスコを思わせる路面電車があり、魅惑的な多民族史があり、多くの文化や人種を迎えた16世紀からの玄関港がありました。たくさんの文化と共にヨーロッパとアジアの伝統が混合した独特の食べ物がありました。私たちは、「長崎ちゃんぽん」などの美味しいスープ料理や「カステラ」というヨーロッパの影響を受けた菓子に挑戦しました。

夫と母と私は、大浦天主堂やグラバー園近くの歴史的な中心街に泊まりました。キリスト教の異なる宗派の宣教師たちが九州の最南端から入港し、イエス・キリストの教えの布教を始めましたが、日本の武将はキリスト教の存在感の高まりを恐れ、16世紀の終わり頃から100年以上にわたり暴力的にキリスト教徒を迫害しました ...

続きを読む