ジャーナルセクションを最大限にご活用いただくため、メインの言語をお選びください:
English 日本語 Español Português

ジャーナルセクションに新しい機能を追加しました。コメントなどeditor@DiscoverNikkei.orgまでお送りください。

ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう — 郷愁とブラジル日本移民 - その1

島田茶園で茶摘みの説明をする梅子さんの娘、栄子さん

「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。

といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑がそっくりなワケだ。

ブラジルは「コーヒー王国」と言われて久しい。だが、かつてそこに日本移民が「紅茶の都」を作ったことは余り知られていない。

最盛期の80年代には、このレジストロだけでお茶工場が42もあった。紅茶は国内消費がごく少なく、完全な輸出産業だった。だから、90年代の為替変動で輸出競争力が激減し、一気に衰退してしまった。

大半が紅茶生産から手を引いた後も、細々と生産し続けていたのが、レジストロ生まれの島田梅子さん(二世、91歳)だ。父・菅野勝見(すがの・かつみ)さんは福島県出身で、1914年に若狭丸で移住した初期移民で、リベイロン・プレットのコーヒー耕地に入植した。

その頃、1913年にブラジル最初の日本移民永住型集団地だった桂植民地がこの地方で始まり、続いてレジストロ植民地開拓が1916年に開始された。


故郷で花見をしながら死んだ移民

家族史『Nossas Raízes(私たちのルーツ)』を見せながら説明する島田梅子さん

家族史を記したポ語文書『Nossas Raízes(私たちのルーツ)』によれば、父のレジストロ入植は1918年とあるから、まさに草分けの一人だった。6人兄弟の末っ子として、梅子さんは同地で生まれた。まさに生え抜きの「レジストロっ子」だ。父が健在だった頃、茶畑は今よりずっと広く、ここにもお茶工場があったという。

2011年、納入先の天谷製茶場の経営が悪化し、「もう納めなくていい」と断られた。梅さんは「茶畑をアブラッソ(抱擁)して泣きました」と振り返る。「雑草がボウボウになった茶畑を見るのが悲しくてね。何とか再興したいって考え続けて、結局は自分で売り始めることにしたの」。

そんな矢先、茶愛好家で製茶機械に詳しい戦後移民の技術者、牧内(まきうち)富男さんと偶然に道端で出会った。牧内さんは、中古機械屋で販売されていた壊れた揉捻機(じゅうねんき、葉を揉んで発酵を促す装置)を指して、「私が直すから、ぜひこれを買ったらどうか。そしたらお茶工場が始められる」と薦め実際に機械を蘇らせた。

こうして14年11月に島田さんは自分で小さなお茶工場を立ち上げ、新銘柄「おばあ茶ん」の販売を開始した。その時、及ばずながらニッケイ新聞が記事にし、その後NHKやブラジルのメディアも報じるようになり、だんだん定着してきた。機械摘み一般的な中、丁寧に手摘みした紅茶は珍しく、「おばあ茶ん」は知られる存在になってきた。

そんな梅さんからこの10月20日、初めてお父さんの話を聞いた。

渡伯したばかりの頃の父・管野克己さん(島田家所蔵)

「お父さんは5、10年したら日本にお金を持って帰ると思って、1915年にブラジルへ来た。でも思うようにお金が貯まらなかった。お父さんはずっと日本に帰りたがり、『オレは日本に骨を埋めるんだ』と言い続けていたので、ブラジル生まれの私はいつも怒っていたのよ」

人は生まれた場所に魂の尻尾が囚われる。一世は祖国に、二世は移住先に。この違いは時間がたってもなかなか埋まらない。

「お父さんは戦後1958年、43年ぶりにようやく日本に行けた。一緒に訪日したお母さんだけ先にブラジルに返し、『オレは花見をしてから帰る』といって残った。実際に花見にいって、桜の木の下で脳卒中を起こし、知らない人に母の実家に運ばれたのよ。それで11日後に亡くなりました」

1958年4月28日に、本人が希望していた通り故郷に骨を埋めた。

普通「郷愁」という言葉にはノスタルジックなほろ苦い感慨が伴う。だが、何十年も祖国からムリヤリ切り離されて来た移民にとって、「郷愁」は耐えがたい精神病だった。

桜の下で死ぬ。今の日本の日本人にとって、それが幸福な死に方ではないかもしれない。でも、本人には本望だったのではないか。島田さんの話を聞きながら「明治の日本人」庶民の生きざまに感動を覚えた。

石にかじりついてでも茶畑を続けようとする梅子さんの意志の強さに、お父さんから受け継いだ「明治の日本人」を感じさせる。

その2 >>

 

© 2018 Masayuki Fukasawa

Brazil hanami immigrants Katsumi Sugano Registro sakura tea farm Umeko Shimada