太鼓演奏の哲学(英語)

家族で日本の伝統的お正月をお祝い(英語) 学校と家で学んだ日本語(英語) オリジナルの太鼓の型を発展(英語) バンクーバーに太鼓を紹介(英語) 太鼓演奏の哲学(英語) 太鼓奏者の定義(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)僕らにとって重要なのは、太鼓が正しく演奏されているかどうか、ということではないんです。太鼓は単なる楽器に留まるものではないし、音楽という枠組みを超えたものだと僕は思うんです。重要なのは太鼓演奏に関わる哲学です。僕らにとって太鼓は、生き方そのものなんですね。生きていく中でなすこと全てに太鼓は関係しています。だから、1週間に1回集まって樽太鼓を叩く、というだけのことではないんですね。それ以上のことです。

僕らは、「太鼓奏者とは何か」という問題についてよく話をするんです。少なくとも僕は、そういった問題提議をしていたいですね。鉢巻きを締め、法被を着て撥で演奏さえしていれば、その人は太鼓奏者なのだろうか?または、太鼓のあるオーケストラで演奏してさえいれば、その人を太鼓奏者と呼べるのか?ジャズバンドで太鼓を叩く人の場合はどうか?(アメリカの)中西部のどこかで演奏している太鼓奏者についてはどうなのか?はたまた、ここサンノゼの奏者は、太鼓奏者と呼ぶにふさわしいのだろうか?など、太鼓奏者を太鼓奏者たらしめるのは、単に太鼓演奏をしている、ということだけではなくて、太鼓の精神性や哲学、それから太鼓の由来を理解しているかどうか、というところにあるのだと思います。太鼓の未来を考える上でそのような精神性を保っていけるか、ということは今後課題になるだろうと思います。

日付: 2005年1月26日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アート・ハンセン、ソージン・キム
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

identity music san jose taiko taiko

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

9月30日まで投稿を受け付けています。

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団