Shigeru Kojima

Nació en la Ciudad de Sanjo, Prefectura de Niigata. Se graduó en la Universidad de Sophia de Tokio y luego realizó una Maestría en el Dpto. de Historia de la Universidad Federal de Paraná, Brasil. Ha sido profesor en la Tokio Gakugei University y ha participado en la realización del Museo de la Migración Japonesa al Exterior de la JICA Yokohama (Agencia de Cooperación Internacional). Ha sido investigador invitado en el Departamento de Investigación Migratorio y Etnico de la Universidad de Waseda. Se especializa en Historia Migratoria y en los Temas Migratorios.

Entre las obras publicadas está: “Nikkei community no shorai to matsuri” (El futuro de las comunidades nikkei y los “matsuri”), editado por Iwao Yamamoto y otros, en la obra Nanboku America no Nikkei Bunka, Editorial Jimbun Shoin, 2007; “Nihonjin Imin no Rekishikara Zainichi Nikkeijin wo KangaeruBrasil Iju Hyakushunen to Nikkei no Shoso” (Ver a los nikkei de Japón desde la historia de los inmigrantes japoneses – El Centenario de la Inmigración Japonesa al Brasil y las diversas facetas de los nissei). Obra: Asia Yugaku), Pág. 117, Editorial Bensei Shuppan, 2008; “Kaigai Iju to Imin-Houjin-Nikkeijin” (La inmigración al exterior y los migrantes, los japoneses residentes en el exterior y los nikkei. Revisión de Hiroshi KOMAI), obra Higashi Asia no Diaspora, Editorial Akashi Shoten, 2011; entre otras.

Última actualización en junio de 2016

identity en ja es pt

¿De quiénes se trata cuando dicen “nikkeijin”?

No es fácil responder cuando alguien pregunta, ¿de quiénes se trata cuando dicen “nikkeijin” (persona que es descendiente de japonés)? Actualmente, la definición vigente dice que “son los inmigrantes japoneses que viven de manera permanente en el exterior y sus hijos (descendientes)”. Sin embargo, si vemos un poco de historia y las definiciones anteriores podemos comprender que ha ido variando a través del tiempo. También, hay que tener presente qué percepción tiene el mismo nikkei. Más allá de la definición, según quien lo usa le puede dar un significado diferente ...

lea más

community ja

日系人と名前

日系人の名前 「スジロ」?!

ブラジルの著名なマンガ家ズィラルド(Ziraldo)の作品『マルキーニョ少年』(Menimo Maluquinho)に登場する仲間の一人に、スジロ(Sugiro)という日系人がいる。イチロやスシロならばまだしも、スジロなどという名前はどう考えても変だ。日系人や日本人の名前としてはおかしいとずいぶん前から感じていた。そしてある日、一挙にその謎が解けた。これはピアーダ(ブラジル風ジョーク)から生まれた名前だったのである。この話は、ブラジルにおいて日系人がどのように捉えられているかを知る上でも興味深い。

スジロは主人公マルキーニョ少年の近所の子で、日本人の子孫という設定である。日系人の大半がそう思われているように ...

lea más

community ja

日系人と日本語

移民家族とのひととき

「ヨウはカフェー・センアスーカにする。オッセーはどうする?」

「アルモッサもしていったらいい。」

戦前移民であるその一世長老は、日本から来た留学生である私が訪ねるたびに、そう言って歓待してくれた。そしてそのかたわらには必ず、婦人部で日本舞踊を舞い、俳句を嗜み、いつも笑顔のセニョーラ(夫人)がいた。この二人に加えて、二世の娘夫婦、そして時には片言の日本語を話す中学生の三世の孫までが同席し、入れ替わることもあったが、いつも家族のように接してくれた。そして最後は、お茶漬けと漬物の食事が定番であった。今となっては、もう再び会うことのできないその好々爺、そしてその家族との出会いは、遠くて懐かしい想い出 ...

lea más

migration ja

移民と移住者

移民と移住者の違いは何か。そして現在ではあまり聞き慣れない言葉だが、移住人や移住民、移民者という言葉も使われていた。これらの言葉の違いは何か。

結論から述べれば、これらはすべて同じ対象を指し、使われた時代が異なるだけである。しかし時代の変遷とともにその意味が変化した。さらには、移住という現象の始まりや状況変化に深く関わっている。これらの言葉がいつ頃使われたのかを確認しつつ、その背景を見てみよう。

歴史的に見ると、これらの言葉が出現する順番は、移住人・移住民・移民・移民者・移住者となる。しかし当初は、ほとんど区別されずに使われていたようだ。人を指す言葉ではなく、その行為を表す「移住 ...

lea más

identity ja

移民研究との出会い

移民研究との出会いには本当に感謝している。そのきっかけは二つあったと思う。一つは大学でのすばらしい講義、そしてブラジルでの生活体験である。

1978年、上智大学ポルトガル語学科に入学すると、ポルトガル語やブラジルについて学んだほか、その頃上智にいらした加藤周一、金田一春彦、鶴見和子という先生方の講義に接する機会を得た。日本文化の特徴や日本語の面白さ、そして比較研究の奥深さに、目を開かれる貴重な体験だった。

とくに鶴見和子先生には、大教室での講義のほかゼミでも薫陶を受け、いろいろなことを学ばせていただいた。大教室で講義をなさる際も、黙って途中退席しようとする女子学生を容赦なく注意された。試験では自分で書き留めたノートならば持ち込み可とし、コピーや他人からの借用物は不可とされた。

鶴見ゼミには社会人や他大学学生も自由に参加して、たいへん活気があった。自宅にゼミ生をお招き下さり、自ら台所に立ちご尊父のお話をされることもあった。比較社会学の講義では ...

lea más