ジャーナルセクションを最大限にご活用いただくため、メインの言語をお選びください:
English 日本語 Español Português

ジャーナルセクションに新しい機能を追加しました。コメントなどeditor@DiscoverNikkei.orgまでお送りください。

sports

ja

ブラジル水泳界の英雄・岡本哲夫:日伯交流から生まれた奇跡

第6回 移民の子が国家的な貢献

2004年8月14日付の『ニッケイ新聞』

第5回を読む >>

岡本の快挙を祝って地元マリリアでは1952年9月28日に「河童祭り」と称する祝勝会が開かれ、牛3頭を焼いて1千人を招く盛大なシュラスコ会が開催された。それを報じた『パウリスタ新聞』1952年10月2日付によれば、父専太郎が「泳ぎ始めはわしの観海流(日本古来の遠泳法の一つ)を仕込んだもので…」などと始終、上機嫌だったという。

映画『競泳選手』には、1960年のローマ五輪の100メートル自由形で銅を取ったマヌエル・ドス・サントスの貴重な証言もある。

《とにかく哲夫は我々のアイドルだった。彼の真似をすることこそ、僕らが必死にしたこと。日本人らしい勤勉さなど、彼は全てにおいて僕らの模範だった。普通のブラジル人選手の2倍以上泳いでいた。だから、僕は子供にも「テツオの様になれ!」と教え込んだ》と語っている。

哲夫の真似をしたおかげで、ブラジル水泳界には二つ目のメダルがもたらされた訳だ。

岡本はその後、米国テキサスA&M大学(Texas Agricultural Mechanical College)に留学して地質学を修めたが、競泳からは遠ざかって行った。帰伯後はサンパウロ市で就職し、「味の素や米国企業などの会社勤めなどもしたが、76年に同じくサンパウロ市で、地下水開発・ボーリング会社を設立し、今も大サンパウロ圏を中心に活動している」(同『ニッケイ新聞』)とある。

岡本は生涯独身を貫いた。「当時はメダルを獲得しても、コマーシャルに出ることもなく、今と違ってお金にならなかった。逆にスポーツマンは仕事もしないバガブンド(放蕩者)と思われていた。しかし水泳のおかげでいろいろな国にもいけたし、一時は英雄にもなったし、いい夢を見させてもらいました。今でも水に関連した仕事をしており、まあ結婚しなかった私には、水が女房みたいなものですね」(同『ニッケイ新聞』)と屈託なく笑った。

「岡本以前」、五輪メダルはたった4つしかなかった。ブラジル五輪初参加の1920年アントワープ(ベルギー)でブラジルは金1、銀1、銅1の計三つが最初。24年パリはゼロ、32年ロスもゼロ、36年ベルリンもゼロ、戦後初の48年ロンドンでようやく銅1。その後がヘルシンキの金1、銅2だった。

つまり岡本のは、ブラジルとしては通算五つ目といっていい貴重なメダルだ。しかも競泳で初、移民の子が達成した国家的な貢献だった。

「岡本以後」を見てみても、彼の業績は突出している。水泳界で二つ目のメダルは1960年ローマのマヌエル・ドス・サントスの100メートル自由形の銅、三つ目は1980年モスクワでの銅だ。これ以降、90年代に4つ、2000年以降に5つという時代に入る。今回のリオ五輪では、やはり日系の沖本ポリアナが遠泳で銅をとったが、水泳関連ではそれだけ。岡本のメダルが、いかに時代に先駆けていたかが分かる。

リオ五輪を含めて、ブラジルは五輪競泳で14のメダル(金1、銀4、銅9)を獲得したが、1500メートル自由形では岡本のみ。国内では柔道、ヨット、陸上に次ぐ4番目にメダルを獲得する種目に育っているが、その一番最初が岡本だった。

だからこそ、2007年10月2日に亡くなった時、ブラジルの大手メディアはこぞって訃報を出し、競泳スポーツブラジル連合(CBDA)は死を惜しみ、「3日間の服喪」を宣言した。

競うように追悼する様は、まるで《二百米決勝のゴール迫るときオカモトを呼ぶ声湧き高まれり》(武本由夫)の歌そのもの。人生のゴールにタッチした英雄に、ブラジル国民が歓声を送ったかのようだ。

 

* 本稿は、『ニッケイ新聞』(2016年8月26日)からの転載です。

 

© 2016 Masayuki Fukasawa, Nikkey Shimbun

Brazil sao paulo swimming Tetsuo Okamoto

このシリーズについて

このシリーズでは、ブラジル水泳界および日系社会共に初の五輪メダルをもたらした二世・岡本哲夫(1932年生まれ~2007年没)の歴史を振り返る。ブラジルの「ニッケイ新聞」(2016年)からの転載

第1回から読む >>