ジャーナルセクションを最大限にご活用いただくため、メインの言語をお選びください:
English 日本語 Español Português

ジャーナルセクションに新しい機能を追加しました。コメントなどeditor@DiscoverNikkei.orgまでお送りください。

war

ja

日系人が語り始めた「もうひとつの勇気」 -戦闘訓練を拒否し、反逆罪に問われた元日系兵士の名誉回復-

初めて公の前に姿をあらわした懲罰を受けた元日系兵士の家族たち。(写真=東 繁春)

第二次大戦中の日系兵士の歴史は、ヨーロッパ戦線で活躍した442部隊がよく知られているが、442部隊としてヨーロッパ戦線に送られる前の訓練の段階で、戦闘訓練を拒否したために、反逆罪に問われ、懲役刑を受け、不名誉除隊になった日系兵士21人がいた。

第二次大戦中、戦闘訓練を拒否したために反逆罪に問われたフレッド・スモゲさん(95歳)。スモゲ(住母家)さんの一世の両親は千葉県出身。
(写真=東 繁春)

2012年にこの懲罰を受けた日系兵士に関する初めての書籍が出版され、ロサンゼルスの日系人の間で、ようやく知られるようになった。そして2015年9月12日に全米日系人博物館内のタテウチ・フォーラムで行われた、442部隊の功績を継承することを目的とする非営利団体「ゴー・フォー・ブローク」と全米日系人博物館の共催によるシンポジウムでは、懲罰を受けた元兵士の家族約20人と、元兵士1人が初めて公の前に姿を現した。

このシンポジウムは「もうひとつの勇気」(A Different Kind of Courage) と題されていた。

第二次世界大戦中に、日系人強制収容所から、二世の志願兵を集めて米陸軍の中に日系部隊(442部隊)が作られたことは、よく知られているが、日本の真珠湾攻撃による日米戦争の勃発前そして、日系部隊が編成される前から、数百人の日系二世や帰米二世(米国生まれで日本で教育を受けた二世)が、すでに米陸軍に入隊していた。

1941年12月に日米戦争が始まると、日系兵士のうち、特に帰米二世は、敵国の出身であるとして、米軍内で不信者として扱われるようになっていた。日系兵士には、糞尿の処理、便所掃除、雑草除去、荷役など武器を持たない仕事が与えられた。

そして、このように軍隊内で不当な扱いを受けていた日系兵士たちに、止めを刺すような事態が起こった。カンサス州のフォート・ライリー陸軍基地では、1943年、ルーズベルト大統領がこの基地を訪問した際、同基地内のすべての兵士が大統領の閲兵を受けている間に、約130 人の日系兵士は、大統領へ危害を加える恐れがあると隔離され、数時間、拘束された。

その後、日系兵士たちは、ヨーロッパ戦線に派遣される442部隊として訓練するため、アラバマ州のフォート・マクレラン陸軍基地に集められた。1944年3月20日、当時、マクレラン基地には約600人の日系兵士がいたが、この日、上官の差別発言に反発して戦闘訓練への参加を拒否した106人の日系兵士が拘束された。そして、この中から28人が起訴され、21人に反逆罪が適用され、5年から36年の懲役と強制労働が課せられた。

懲役刑を受けた二世兵士は、戦後の大統領恩赦によって、全員、軍の刑務所から釈放されるが、不名誉除隊の烙印をされた。

シンポジウム「もうひとつの勇気」で紹介された懲罰を受けた元日系兵士たちの若き日の写真
(写真=東 繁春)

懲罰を受けた21人の元日系兵士のうち、11人が40年かかって、米陸軍に異議申し立てを行い、名誉回復を行ったが、2012年にオレゴン州ウイラメット大学教授のリンダ・タムラ博士の著書 Nisei Soldiers Break Their Silence (沈黙を破った二世兵士たち)が出版されるまでは、この事実は、日系人の間で知られることがなかった。

シンポジウム「もうひとつの勇気」では、リンダ・タムラ博士、懲罰を受けた元兵士の名誉回復の訴訟を担当したポール・ミネリック弁護士、そして懲罰を受けた元兵士の長男で、日系市民協会(JACL)ロサンゼルス支部長を務めたことがあるゲーリー・イタニさんがパネリストとして発言した。

懲罰を受けた元兵士たちは、すでにほとんどが亡くなってるが、シンポジウムでは、95歳のフレッド・住母家(すもげ)さん(写真)と、亡くなった懲罰兵士の家族約20人が初めて公の前に姿を現した。

「ゴー・フォー・ブローク」を代表して展示マネージャーのクリス・ブラサットさんは、「日系兵士の歴史の中で、懲罰を受けた兵士の存在は、442部隊兵士とは、正反対の立場になるが、戦場に行くことを決断することも、戦場に行くことを拒否する決断も、いずれも、勇気ある決断であり、ゴー・フォー・ブロークの日系兵士の功績を記録し、その体験を次世代に伝える活動にとって、懲罰を受けた兵士の体験も次世代に伝えなければならないこと」とあいさつした。

 

関連書籍

Nisei Soldiers Break Their Silence: Coming Home to Hood River by Linda Tamura, University of Washington Press

 

© 2015 Shigeharu Higashi

disciplinary barracks boys kibei military nisei racism World War II