ペロンに洗礼

日本からアルゼンチンへ アルゼンチンで洗濯屋 移住当初、言葉で苦労 ペロンに洗礼 人生でもっとも印象に残っている日 奥さんとの出会い

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

ペロンの時代になって、母と私のエルマーナ(妹)、二人エルマーノ(弟)みんな呼んだんですよ。そして飛行機は、モロンの飛行場に来ていたんです。そして、子供たちはあの、バウティスモは洗礼ですね。それはペロンと奥さんがやってくれたんですよ。あのカサ・ロサーダ(大統領府)で。大統領の官宅ですね、あちらで洗礼を受けさせたいんです。フィラ(列)ですよ。たくさんの日本人が。エビータが(大統領と)二人で水をやって、頭から。もう、親子二人やるのはおるし、色々だったんです。フィラ(列)ですよ、もう、ウナ・クアドラ(1ブロック)ぐらい。自分はもうずっと前に。私の四男がペロンの前で、エビータと二人の前で洗礼を受けたんです。カサロサーダで、ノー、カサロサーダじゃない、官宅ですね。大統領の官舎ですね。あのオリーボスで(この地区に大統領官邸がある)。

日付: 2006年11月28日
場所: アルゼンチン、ブエノスアイレス
Interviewer: タケシ・ニシムラ、リカルド・ホカマ
Contributed by: アルゼンチン日系センター

catholic religion

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

10月31日まで投稿を受け付けています。.

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団