飛行士になったこと(英語)

アメリカ陸軍航空隊での差別 (英語) 第522野戦砲兵大隊とダッハウ強制収容所(英語) 第442連隊戦闘団のハパ仲間(英語) ダッハウ強制収容所の収容者達(英語) 飛行士になったこと(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)僕は、決断する時にありました。学校に残り徴兵を待つか、選抜徴兵登録をするか迷いました。この登録制度は、政府がパイロットを獲得するため設置したものでした。国はパイロットを必要としていて、航空知識のある人材の獲得を切望していました。それで僕は、よし、選抜登録も悪くないな、徴兵されてどこに配属されるか分らないよりましだ。と思いました。僕は登録し、大学を辞めてサウス・ベンドのベンディング・フィールドへ行き、曲技飛行を始めることになりました。曲技飛行をやってみて、僕は自分に才能があることがすぐにわかりました。僕は、一瞬にしてグループのトップに躍り出ていたのです。

日付: 2013年2月12日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ダンカン・ウィリアムス
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター,ニットータイヤ「Life History Project」の協力。南カリフォルニア大学「Hapa Japan Database Project」による提供。

acrobatic flying pilot WTS

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団