アメリカ陸軍航空隊での差別 (英語)

アメリカ陸軍航空隊での差別 (英語) 第522野戦砲兵大隊とダッハウ強制収容所(英語) 第442連隊戦闘団のハパ仲間(英語) ダッハウ強制収容所の収容者達(英語) 飛行士になったこと(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)航空隊のトップが、ハップ・アーノルド(ヘンリー・ハーレー・アーノルド)将官でしたからね。名前を聞いたことがあるかもしれませんが、彼には相当な偏見があり、日本と関わりのある者が飛行士になることを認めませんでした。爆撃手や射撃手などで成功した日系人はいましたし、1人でいくつも手がけている人もいました。しかし、私が知る限りでは第二次大戦中に日系人パイロットは1人も居らず、特にこの将官の時代には皆無でした。

日付: 2013年2月12日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: ダンカン・ウィリアムス
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター,ニットータイヤ「Life History Project」の協力。南カリフォルニア大学「Hapa Japan Database Project」による提供。

air corps discrimination

ニッケイヒーロー:私たちの模範となり、誇りを与えてくれる人

「ニッケイ・ヒーロー」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団