孤独な望郷 ~ フロリダ日系移民森上助次の手紙から

20世紀初頭、フロリダ州南部に出現した日本人村大和コロニー。一農民として、また開拓者として、京都市の宮津から入植した森上助次(ジョージ・モリカミ)は、現在フロリダ州にある「モリカミ博物館・日本庭園」の基礎をつくった人物である。戦前にコロニーが解体、消滅したのちも現地に留まり、戦争を経てたったひとり農業をつづけた。最後は膨大な土地を寄付し地元にその名を残した彼は、生涯独身で日本に帰ることもなかったが、望郷の念のは人一倍で日本へ手紙を書きつづけた。なかでも亡き弟の妻や娘たち岡本一家とは頻繁に文通をした。会ったことはなかったが家族のように接し、現地の様子や思いを届けた。彼が残した手紙から、一世の記録として、その生涯と孤独な望郷の念をたどる。  
  

community ja

第18回 京都へ帰ったときには……

南フロリダの大和コロニーの一員として渡米、コロニー解体後もひとり最後まで現地にとどまり生涯を終えた森上助次は、戦後、夫(助次の弟)をなくした義理の妹一家にあてて手紙を書きつづける。1961年。五ヵ年計画で所有地に庭園らしきものを造る計画を伝える一方で、中米旅行やこれまで一度も実行したことのなかった日本の故郷への帰還について、いよいよその決意が固まったかのように伝えている。

* * * * *

1961年1月6日

〈孤独もなれると悪くはない〉

玲さん(姪)、今日は1月6日。日本も正月騒ぎが済んで気抜けしたようだろう。日本は前代未聞の好景気、今や世界羨望の的だ。新聞を見ると、建築ブームで大工と左官が大払底、十万人の大工と五万人の左官が至急入用との事、全く信じられぬような話だ。十年前までは喰うに困った日本、世は持ち回りだ。何もクヨクヨすることはない ...

lea más

community ja

第17回 眠れる夜に思い出すこと 

南フロリダの大和コロニーの一員として渡米、コロニー解体後もひとり最後まで現地にとどまり生涯を終えた森上助次は、戦後、夫(助次の弟)をなくした義理の妹一家にあてて手紙を書きつづける。1960年の後半は、姪からの手紙と写真に目を細め、相変わらず故郷のことや昔の自分を思い出している。突然、自分は親に愛されていなかったとも振り返る。台風の襲来、作物、長年痛めている歯の治療について。そしてサンクスギビングやクリスマスのことを報告している。

* * * * *

1960年6月24日

〈日本の安保騒動について心配〉

玲さん(姪)、お手紙と写真有難う。新聞と雑誌が3回に分けて着いた。無聊に苦しむ私にはなによりの慰安です。

あんたの写真がよく撮れている。少しやせ気味だが、見違えるほど綺麗 ...

lea más

community ja

第16回 自分の意志を継いでほしいが…… 

南フロリダの大和コロニーの一員として渡米、コロニー解体後もひとり最後まで現地にとどまり生涯を終えた森上助次は、戦後、夫(助次の弟)をなくした義理の妹一家にあてて手紙を書きつづける。友人に中米のホンジュラスでの開拓を誘われ心が動く助次。ひとり身の自分の意志をついで、土地をいかして事業などを興してくれる者はいないだろうか。正直な気持ちを伝えている。

* * * * *

1960年5月9日

将来のため、努力しろ

明ちゃん(姪)、お手紙ありがとう。昨日のメールで参考書数冊送った。専攻課目さえ不明なので雑誌類はどんなものを送っていいのか見当がつかぬ。欲しかったらくわしく知らせてくれ。この国では大学の程度の高い程、講師も教授も卓越した技量のある一流の人物ばかりだ。赤かぶれしたような生半可な青い教師とはケタが違う。学校とピクニックを混同してはならぬ。学校も大学となると、生徒は全国から集合する ...

lea más

community ja

第15回 百歳まで生きてみたい

南フロリダの大和コロニーの一員として渡米、コロニー解体後もひとり最後まで現地にとどまり生涯を終えた森上助次は、戦後、夫(助次の弟)をなくした義理の妹一家にあてて手紙を書きつづける。1960年、アメリカで暮らして、とうとう養老年金をもらうようになったという。相変わらず読書欲は旺盛で、宇宙の神秘を知りたいから百歳まで生きたいという。

* * * * *

1960年1月×日

南部フロリダはパラダイス

明ちゃん(姪)、お手紙ありがとう。明けましておめでとう。どうか今年もよろしく。今日、元日は羽織袴でお礼廻りしたのは昔の事。日本では電話でおめでとうと簡単に言って片付けられる事と思います。今日はこちらも休日ですが、働く人もあります。

一面 ...

lea más

community ja

第14回 南米行きか、帰化か

南フロリダの大和コロニーの一員として渡米、コロニー解体後もひとり最後まで現地にとどまり生涯を終えた森上助次は、戦後、夫(助次の弟)をなくした義理の妹一家にあてて手紙を書きつづける。帰国するかとどまるか、長年心が揺れ動く助次だが、今度は南米に行くといったり、帰化を考えたり……。知的好奇心は相変わらずで、日本から書物を送ってほしいと頼んでいる。

* * * * *

1959年1月×日

〈アンデスの大草原へ〉

美さん、私はこの作(農作業)が終わり次第、南米行を決行します。目的地は未開の地。海抜二万呎(フィート)、アンデスの大草原、炎熱150度のアマゾンの大森林 ...

lea más