Elija un idioma principal para aprovechar al máximo nuestras páginas de la sección Artículos:
English 日本語 Español Português

Hemos realizado muchas mejoras en las páginas de la sección Artículos. ¡Por favor, envíe sus comentarios a editor@DiscoverNikkei.org!

サンフアン移住地の医療と高齢者対策

サンフアン移住地は1955年に移住が始まって以来、集団入植が13年間続き、家族や単身移住者を含めて1992年までに302世帯1684名が入植しましたが、転出や帰国もみられ、現在の日系人口はおよそ750名になります。

入植から50余年を経た今、当時の若者や働き盛りは高齢者となり、老後を迎えています。移住地内のインフラ整備や教育の発展、ボリビア社会全体の風 潮などが相重なり、職業選択の幅が出てきて、専門職を身につけ都市部に出る子供たちや、便利なセンター地区に住む若夫婦などが増え、少数ながら高齢者世帯 や独居老人が出てきました。

一人暮らしの気軽さゆえ、同じものばかりを食べて栄養失調になるケースもあり、また移住地といえども、電話など生活設備に対して完全なる保障がない中で社会的な安否を図る公の場が必要との声も高まってきました。

現在サンフアン移住地で行われている高齢者福祉は、日本の「敬老の日」にちなんで行われる「敬老会」があげられます。これは70歳以上を対象に健康 診断を行い、祝賀会や遠足で友との親睦を楽しんでもらうことが目的です。次に、デイサービス。デイサービスのきっかけは、1998年に派遣されたJICA シニアボランティア保健師が高齢者同志の交流を図る目的ではじめた「なんでも会」がきっかけです。なんでも会は、毎週金曜日に集まって歌ったり、ゲームや パズルをしたり、手芸、カルタなどをお弁当持参で楽しんでいました。 日本におけるデイサービスでの「要介護支援」「要支援」者に施すいわゆる医療的な部 分とはちがい、楽しみを見つけることで健康的で前向きな日々を過ごすことを目的としていました。

シニア保健師が始めた「なんでも会」は、途中休会しながらも、地元ボランティアに支えられながら2003年に「デイサービス」となって派遣シニアで 受け継がれていましたが、現在は移住地で生まれた二世が引き継いでいます。現在のデイサービスは毎週金曜日の朝から夕方まで利用者が施設に集い、体操や手 芸、書道やパズルなどを楽しみながら、仲間との一日を過ごします。

一方の移住地内の医療は、入植間もない1957年に政府計画第一次船団で入植した看護婦有資格者の2人の手によって始まりました。その2年後の 1959年にボリビア政府の援助による土壁で作られた衛生ポスト(簡易診療所)が完成し、診察を開始します。さらに1961年、JICAの前身である海外 協会連合会がセンター地区に「サンフアン診療所」を開設、本国からの医師の派遣が始まりました。1985年には、自治組織であるサンフアン日ボ協会に移管 され、1991年からはサンフアン出身の二世の医師による診察が行われるようになりました。スペイン語で教育を受けた医師の誕生により、サンフアンの医療 体制も多岐にわたり、現在は移住地にゆかりのある医師2名を含めた日系医師4名による内科、整形外科、小児科、婦人科の診察が行われ、地域の非日系人口の 増加に伴い、地域医療に不可欠な、中心的役割を果たしています。

同時に、1993年からJICAのシニア専門家の保健師も派遣されるようになりました。それまで保健衛生的な知識も情報も少なかった移住地の中で、 一軒一軒家庭を訪問して健康状態を尋ねて栄養指導を行い、時には親身になって悩み相談にものる保健師の存在は、貴重な存在で高齢者の歓迎を受けています。

2008年には、介護予防と機能回復を目的としたパワーリハビリテーション機器が診療所に隣接する施設に設置され、サンフアンの二世や子育てを終えて自分の時間が持てる女性たちのボランティアによって支えられています。

今年2009年には、高齢者福祉検討委員会が発足し、地域ならではの福祉の有り方を考えていきます。

サンフアンの福祉事業は、診療所による医療と保健事業、そしてこれから検討されていく実案の三本柱で支えていくことになります。福祉事業の根底にあ るのは、今まで労苦を重ねてきた老齢の一世の健康を願い、これからの時間を楽しく過ごしてほしい。暮らしの中で不便や不安に思うことを払拭して、誰もが 笑って暮らせる環境にしたいという思いから。サンフアンの高齢者福祉は、今、一歩を踏み出そうとしています。地域の特徴を活かしながら医療と福祉が互いに 作用しあう身近な福祉の実施が今後の課題になります。

現在、サンフアン移住地の日系最年長者は98歳。日本語で対応する診療施設は貴重な存在であり、移住者の健康を見守っています

* 本稿は、ボリビア日系協会連合会(ディスカバー・ニッケイの協賛団体)が協賛団体の活動のひとつとして、当サイトへ寄稿したものです。

© 2009 Kimie Bani