Stuff contributed by masayukifukasawa

ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう — 郷愁とブラジル日本移民 - その2

Masayuki Fukasawa

その1を読む >>

ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう — 郷愁とブラジル日本移民 - その1

Masayuki Fukasawa

「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。

ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう — 郷愁とブラジル日本移民 - その1

Masayuki Fukasawa

「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。

ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう — 郷愁とブラジル日本移民 - その1

Masayuki Fukasawa

「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。

ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう — 郷愁とブラジル日本移民 - その1

Masayuki Fukasawa

「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。

ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう — 郷愁とブラジル日本移民 - その1

Masayuki Fukasawa

「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。

ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう — 郷愁とブラジル日本移民 - その1

Masayuki Fukasawa

「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。

ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう — 郷愁とブラジル日本移民 - その1

Masayuki Fukasawa

「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。

ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう — 郷愁とブラジル日本移民 - その1

Masayuki Fukasawa

「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。

ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう — 郷愁とブラジル日本移民 - その1

Masayuki Fukasawa

「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。

Login or Register to join our Nima-kai

About

1965年11月、静岡県沼津市生まれ。92年にブラジル初渡航し、邦字紙パウリスタ新聞で研修記者。95年にいったん帰国し、群馬県大泉町でブラジル人と共に工場労働をした体験をまとめたものが99年の潮ノンフィクション賞を受賞、『パラレル・ワールド』(潮出版)として出版。99年から再渡伯。01年からニッケイ新聞に勤務、04年から編集長。著書は『一粒の米もし死なずば』(無明舎、2014年)、『勝ち組異聞』(無明舎、2017年)など。

Nikkei Roots: Digging into Our Cultural Heritage

Read the Nikkei Roots stories >>

Get updates

Sign up for email updates

Journal feed
Events feed
Comments feed

Support this project

Discover Nikkei

Discover Nikkei is a place to connect with others and share the Nikkei experience. To continue to sustain and grow this project, we need your help!

Ways to help >>

A project of the Japanese American National Museum

Major support by The Nippon Foundation