• en
  • ja
  • es
  • pt
インタビュー:キップ・フルベック

editor
Licensing

意識的プロセスとしてのアイデンティティ

プロジェクトをやったとしてもやらなかったとしても、私自身のアイデンティティは変化していると思います。アイデンティティは意識的に継 続するプロセスです。私達は、自分で意識的そして時には無意識に何をしたいかにより、または誰と付き合うかなどにより常に自分が何であるかを再定義してい くのです。私自身もライガードの友人と話す時やごく親しい人間と一緒にいる時、日本に住んでいる時には違う話し方で話しますし、ハワイに住んでいる時はピ ジン(英語)にすぐ切り替えますしね。私達のアイデンティティが流されていく何かがあるのです。例えば、これは大学で(生徒達に説明するとき)使うもので すが、誰かが電話で話をしているのを聞いているとして・・・そうですね、あなたのルームメートが電話で話しているとしましょうか、その男性は母親と話して いて「うんわかった、うんわかった、うん、じゃそろそろ行かなきゃ。」と言って電話を切ります。次に上司と話しこう言います「いや大丈夫ですよ。ははは、 そうですね。そうですね。わかりました。失礼します。」そして次にバーで会った女性に電話をし「ヘイ・ベイビー元気?」となるわけです。私達にはこうした 振る舞いがあるのです。ですからアイデンティティはプロセスであり、我々(のアイデンティティ)は常に変化していると思うのです。

Based on this original

Kip Fulbeck Interview #10: Identity as a conscious ongoing process
uploaded by editor
Interview Date: May 3, 2006 Location: California, US Interviewer: Jim Bower Contributed by Watase Media Arts Center, Japanese American National Museum  © 2006 Japanese American National Museum * Interview was ... More »


Nikkei Heroes: Trailblazers, Role Models, and Inspirations

Read the Nikkei Heroes stories and help select the Nima-kai community favorite >>

Get updates

Sign up for email updates

Journal feed
Events feed
Comments feed

Support this project

Discover Nikkei

Discover Nikkei is a place to connect with others and share the Nikkei experience. To continue to sustain and grow this project, we need your help!

Ways to help >>

A project of the Japanese American National Museum

Major support by The Nippon Foundation