Saori Kato

神奈川県横浜市出身。母親が奄美の加計呂麻島出身の奄美2世。2009年からJICA横浜海外移住資料館展示ガイドを務め移民史に興味を持つ。2014年3月神奈川大学大学院歴史民俗資料学研究科修士課程修了。2015年から一年間、ブラジル国サンパウロ大学大学院留学。現在は神奈川大学大学院博士後期課程在学中。奄美移民をテーマに研究を行っている。

(2019年1月 更新)

community ja

サンバの国でキバランバ! ~ブラジル奄美移民100年の軌跡~

第6回 2世・3世の訪問団が奄美へ

2018年11月1日鹿児島で「鹿児島県人世界大会」が開催され、鹿児島にゆかりがある海外在住者(20カ国・地域から約280人)が鹿児島を訪れた。この大会に参加するためにブラジルからは27名が訪問団として来日していたが、そのうち18名が奄美にゆかりを持つ人々だった。なぜブラジルからの訪問団は奄美にゆかりをもつ人々の参加が多かったのだろうか。

ブラジル在住の奄美にゆかりを持つ訪問団の来日の目的はもちろん世界大会への参加だったが、実はもっと大きな理由があった。1世は数十年ぶりに親戚や同級生に会うこと、2世や3世は祖父母や両親の故郷である奄美に訪れて祖先の墓参りをすることなども重要な目的であったが、彼らの一番の目的は、奄美大島宇検村村長へ感謝の気持ちを伝えることだった。

同年7月、ブラジルで開催された「ブラジル鹿児島県人会創立105周年記念式典」へ参加するため、奄美で一番多くのブラジル移民を送り出した宇検村は、訪問団(団長・元田信有村長)を結成してブラジルを訪問した。このときブラジル在住の奄美出身者や奄美にゆかりを持つ人々は、村長率いる訪問団と親睦を深め、奄美の話しを直に聞いたことで、それまで漠然としか描いていなかった“故郷、奄美”をグッと身近に感じた。日本で開催されるという鹿児島県人世界大会が参加者を募集しているということは知っていたが、自分たちとは関係のない話しだと思っていた。しかし奄美から訪問団がブラジルまで来てくれたことで、もう一度故郷奄美に帰りたい、奄美を見たい!という気持ちになった。そこで初めて「(奄美へ)行こう!」となった。「村長さんに、お礼をしなきゃ」。

不景気が続いていたブラジルでは日本への渡航費の積み立てが大変だった。丸二日かかる飛行機での長旅も足腰に負担がかかるので少し勇気を必要とした。それに、日本や奄美の人々が自分たちを歓迎してくれるのだろうかという不安があった。来日メンバーの中には90年代にブラジルから日本へ「デカセギ」に来て、言葉の壁から辛い思いをした者もいた。でも、この機会を逃してはいけないと思った。

2018年10月31日東京での歓迎レセプション。11月1、2日は鹿児島市に移動して公式式典とおはら祭に参加をした。来日前からブラジルで“おはら節”のビデオ映像を見て、みんなで一生懸命練習をした。「日本だから、きちんと踊らなきゃ駄目でしょう」。そう言って、本番直前まで振付を確認した。約1時間に渡って鹿児島市内を練り歩いた。大勢の観客の前で、ブラジルで作成してきたお揃いのTシャツを着て踊った。沿道の人々が「ブラジル頑張れ!」と応援してくれた。宇検村の村長も応援に駆けつけてくれた。

奄美でも村を挙げて歓迎してくれた。デカセギで来日した頃は仕事ばかりで、奄美に来ることなんて考えたこともなかった。奄美で過ごした時間は「夢みたいだった」と宇検村2世の高田・ノルマン・いつおさん(69)は帰国する日、空港まで見送りに行った筆者に語ってくれた。

宇検村では2018年10月から12月末まで「宇検村ブラジル移民100周年企画展(宇検村教育委員会主催)」を開催していた。宇検村をはじめ奄美各地から新天地ブラジルを目指した人々の歴史と、これまで100年続いてきた宇検村とブラジルとの交流の歴史を知ることができる展示となっていた。

筆者は奄美の人々が移民や移住の歴史を知ることで、いま奄美へと移住してくる人々と彼らを受け入れる側の私たちの社会を考える機会になってほしいと思った。戦前資料も展示されている貴重な奄美の移民の記録。奄美だけで開催するのはもったいない。そこで、2019年3月30日から5月30日まで横浜みなとみらいのJICA横浜でも展示をする。ぜひたくさんの人に足を運んでもらい、ブラジルと奄美の100年のつながりを見てもらいたい。

* * * * *

「ブラジルと奄美・宇検村 —海を渡った開拓者たちの百年—」

会期 2019年3月30日—5月30日
場所 JICA横浜 2階回廊
観覧無料

 

* 本稿は、南海日日新聞(2018年11月29日)からの転載です。

 

Read more

migration ja

サンバの国でキバランバ! ~ブラジル奄美移民100年の軌跡~

第5回 魚屋を開業、看板に「AMAMI」― 玉利繁弘さん(奄美大島宇検村出身)

奄美大島宇検村の伯国橋(ぶらじるばし)以外にも、ブラジル奄美移民の歴史を伝えるものがある。1955年、サンパウロ在住の奄美出身者たちによって建てられた奄美会館は、残念ながら2002年、他の日系団体に譲渡されたが、その名称に今も「AMAMI/奄美」の文字が残る。また、サンパウロ市営市場にある魚屋の看板にも「AMANI(奄美)」の文字を見ることができる。魚屋を経営するのは玉利繁弘(76)さん(宇検村出身)と、その息子たちだ。

「(ブラジルへは)15歳の時、叔父に付いてきた。だけど自分でも行きたかったから、自発的に来たようなもの」と話す繁弘さん。中学卒業後、ブラジルへ渡るまで3カ月間、奄美大島名瀬市内の大きな商店で配達や雑用の仕事をした。勤め先の親方に「このまま仕事を続けたら高校へ行かせてやる」と言われ、ちょっと心が揺れたが、既にブラジル行きを決めていたので断った。当時はブラジルの知識も情報も何もなかったが、「ただ、行きたい、行きたい」と思っていた。シマ(郷土)を出る同級生たちは東京や大阪など内地を目指したが、繁弘さんにはブラジルの大地しか見えなかった。

ブラジルへ到着してからは、他の移民たちと同じように、苦労に苦労を重ねた。しかし「とにかく来たいと思っていたから、来てから後悔したことはありません」という。20歳を過ぎた頃、漁業関係の会社に勤めた。ほどなくして独立。自分で魚を仕入れ、馬車で行商をする日々が続いた。同郷の妻や義母、子供たちと家族総出で商売に精を出した。市営市場内に店舗を構え、順調に経営を拡大させた。お客さんとの信頼関係を何よりも大切にした。今では、日本人駐在員たちに「ここなら安心して刺身が買える」と言われるほど、ブラジル日系社会で知られる店になった。

繁弘さんはいつも孫のマコトさん(18)=ブラジル生まれ=に「奄美群島航空写真集」を見せながら故郷奄美の話をしている。マコトさんは、大学生になったら日本へ留学して「じっちゃん、ばっちゃんの生まれ育った奄美がどんなところなのか見に行きたい」と、幼少の頃から日本語を学んでいる。

ブラジル奄美移民もすでに3、4世の時代になってきている。彼のような奄美にルーツを持つ子どもたちが、祖父母のふるさとを見るために、奄美に来る日も近い。そんなとき、私たちは彼らに、ブラジル日本人移民は「棄民」だったと言うのだろうか。確かに、ブラジル移民の体験談には、想像をはるかに超える苦労話もあった。移住者自らが「私たちは棄民だよ」と自嘲気味に語ることもあった。だからと言って、私たちが彼らの歴史を「棄民」と、一言でまとめてよいのだろうか。

多民族国家ブラジルの歴史を彩ってきたのは移民たちだ。奴隷解放後の労働力としてブラジルへ渡った人々によって、ブラジル文化を代表するサンバは生まれた。「何もなくともオレたちにはサンバがある」と、生きることの苦しさを歌い踊ることで弾き飛ばしてきた。この生きようとする情熱が、ブラジルの陽気さを形づくっている。そんな国で、今も奄美をつないでいる人々がいる。

ブラジル奄美移民100周年の今年(2018年当時)は、日本人ブラジル移民110周年の節目の年でもあり、日伯両国で様々なイベントが企画されているため、今後ブラジル移民関連の記事などを目にすることも増えるだろう。この機会に、ブラジルへ移民を送り出した側の私たちはもう一度考えたい。ブラジル移民とは、何であったのか。

* * * * *

筆者は本連載が、奄美とつながりの深いブラジルを知るきっかけになってほしいと思っている。筆者が2月に奄美で開催した「奄美ブラジル移民談話会」に、外国に興味があるという高校生が来た。「展示を見て、地球の反対側に100年も前から『奄美』が広がっていると知り、ブラジルや世界をもっと見てみたくなった」と話してくれた。

奄美は世界とつながっている。100年の間、ブラジルで奄美をつないだ人々の歴史を知り、世界に広がる奄美の次の100年の歴史をこれから私たちはどうつくっていくべきか、奄美人の一人として考える。

 

* 本稿は、南海日日新聞(2018年5月24日)からの転載です。

 

Read more

migration ja

サンバの国でキバランバ! ~ブラジル奄美移民100年の軌跡~

第4回 記憶と絆つなぐぶらじる橋 ~ 文岡賀津子さん(宇検村出身)

「宇検村に伯国橋(ぶらじるばし)あるでしょ。あれ、うちの父たちがつくったんです。」と話すのは文岡賀津子(74)さん。「前は木の橋で台風で大水が出たら、いっつも流されるから、だからあれ、ちょっと太鼓橋になっているでしょう。いつも流されるから、こんなんにしようって。うちの父たちがつくったんです。(ブラジル在住の)湯湾1(集落出身)の人が寄付を集めて、村で使ってほしいって。ブラジルからもらったお金だから、残さないと。橋をつくろうって。(建ててから)もう六十一、二年になるでしょう。今は(一部が)崩れてね。もったいないね。記念なのにね」

賀津子さんは1957年、家族でブラジルへ移住。「(船で)43日かかったよ。でも、楽しかった。酔いはしなかった」。11月、神戸港から出帆。真冬の太平洋は荒れていた。「もうね、甲板に(海水が)バシャー、バシャーって。ご飯食べる長いテーブルも揺れて、ゴーって向こう行って、ゴーってまた戻ってきて、ものすごい」。一転、大西洋に入ると今度は「洗面器に水張ったみたい」な凪が続いた。月と太陽が美しくいつも甲板から眺めていた。

ブラジルへ到着して10日もすると4歳の弟が「父ちゃんうち帰ろう。帰りたい」と言い出した。弟にとっては遊びに来た気持ちだったのだ。ブラジルの生活は電気もなかった。「シマでも電気はあったのに」

より良い耕地を求めて1年ごとに移動した。4年目にイタリア人の農場で働いた。家には台所と広間、他に部屋が二つあった。トイレは水洗。もちろん電気もあった。日本人が地主の農場とは全く違った。

賀津子さんの父は再渡航者だった。戦前、祖父がブラジル移民として家族を連れて来ていた。祖父はコーヒー作りの傍ら、米を栽培し、それを町で売って儲(もう)けていた。4年後、財産ができ祖父は、父と父の兄を残して帰国。父たちは土地を購入して綿花栽培をした。ブラジルに来て10年たった頃、父も帰国。ブラジルで儲けた祖父が土地を手に入れていたので米を作った。配給も「もらわなくてもいいくらい」だったと聞いた。

賀津子さん兄弟が生まれ、戦前購入した土地もあるし、またブラジルへ行こうという話になった。ブラジルに来てみると、当てにしていた土地は既に売却され、何も残ってなかった。ブラジルへは「自分がおんぶして育てた孫たちと、結婚してからずっと一緒にいる嫁と一緒に行きたい」と74歳の祖母も一緒について来た。日本人の農場に入り、家族みんなでトマト作りをした。

コチア青年としてブラジルに来ていた文岡勝さん(宇検村)と結婚。3人の子宝に恵まれた。父は街に出て商売を始めたが、賀津子さんたちはトマト作りを続けた。

1987年、カリフラワーを作った。良い出来だったが収穫直前に雹が降って全滅した。見ている目の前でせっかく育てたカリフラワーが全滅した。ショックだった。「もうやめよう」と農業をやめ、刺繍糸や毛糸を扱う店を出した。子供たちも成人して、もう無我夢中に働かなくても良くなっていた。

祖父と父は戦前のブラジルで儲けて帰ってきた。戦後、父はまたブラジルへ。「よほどブラジルが好きだったんだね」と。賀津子さんの父が建造に関わった「伯国橋」は、ブラジル奄美移民の記憶を受け継ぎながら今も奄美とブラジルをつないでいる。 

編注:
1. 湯湾:鹿児島県大島郡宇検村

 

* 本稿は、『南海日日新聞』(2018年5月24日)からの転載です。

 

Read more

migration ja

サンバの国でキバランバ! ~ブラジル奄美移民100年の軌跡~

第3回 コチア青年、農業に挑戦 ~ 肥後英樹さん(奄美市笠利出身)

ブラジル移民は主に家族単位で行われていたが、単身でブラジルへ渡った人もいた。敗戦後、多くの復員兵や引揚者が帰国した。国内は敗戦による混乱が続いており、彼らを受け入れる力はなかった。失業者があふれ、深刻な食料不足の状態だった。その打開策として再び海外移住に期待が集まっていった。1953年、戦後初めてのブラジル移民がリオデジャネイロに到着すると、次々と海を渡る人が出始めた。失業問題に食料不足、そして農家の二男・三男対策の一助となることを期待されて始まった「コチア青年移民」「産業開発青年隊」は共に独身青年による単身移住という形態をとっていた。肥後英樹さんはそのコチア青年として奄美からブラジルへ渡った一人だ。

奄美市笠利出身の肥後英樹さんは昭和15(1940)年、長男として生まれる。長男だから後を継がせようと父は農林高校に入れた。在学中から外国に憧れを持ち、ブラジル読本などを取り寄せて読んでいた。肥後さんは「奄美の土地を継いだって何もできない」と、海外で自分の思う農業に挑戦したいと思っていた。

高校卒業時、笠利の郵便局長をしていた叔父から「卒業後は局員にしようと思っている」と言われた。とにかく外国に行きたい一心だった肥後さんは「俺は赤い自転車に乗って人のラブレター運びは嫌だ」と叔父に伝えた。叔父は「お前は勉強したんだから、それは(外国に)出たいだろう。行きな、行きな」と背中を押してくれた。

卒業後、鹿児島の拓殖講習所に入所。3カ月が過ぎた頃、コチア青年の募集が始まった。早速応募し、茨城の訓練所へ移ることになった。奄美からは肥後さん含め5人が茨城の訓練所に入った。鹿児島の講習所の所長も一緒に来てくれた。心強かった。訓練所には日本全国から海外飛雄を夢見る青年たちが集まって来ていた。

ほとんどが大卒者の中、奄美の田舎から、しかも高卒だった肥後さんは少し気後れしていた。しかし、奄美から一緒に入所した仲間たちはそれぞれが走りや相撲などの場面で活躍し、肥後さん自身も試験で満点を取るなどして自信がついて行った。奄美出身の5人の活躍がめざましいので、訓練所ではいつも「奄美、奄美」と目立っていた。「これはもうどこにも負けん」と思うようになっていた。

「コチア青年移民」は訓練終了後ブラジルへと渡り、到着後は「コチア産業組合」の組合員のもとで4年間雇用され、農業を学んだ後に独立することが前提であった。1955年から67年までに約2599人がコチア青年移民としてブラジルに渡っている。

肥後さんはサンパウロ市内の養鶏場に就労した。4年間の「義務農年」を終えると土地を借りて野菜作りをした。そこで3年ほど大陸農業の修行をした。資金のめどがつき独立。野菜作りを3年、それから花卉(かき)栽培に変え4年たった頃、ようやく経済基盤が整った。最初の雇用主の娘と結婚。夫婦2人で花卉栽培に精を出した。

農業が軌道に乗った頃、友人に頼まれて仕出しを始めた。肥後さんの人柄もあって次から次へと仕出しの注文が来た。平日は花卉栽培、休日は仕出し屋と休みなく働いた。数年前から仕出し屋は妻と娘夫婦に任せ、長い間一緒に仕事をしているブラジル人と2人で、自分の思うようにやりたかった花卉栽培に精を出している。

 

* 本稿は、『南海日日新聞』(2018年5月10日)からの転載です。

 

Read more

migration ja

サンバの国でキバランバ! ~ブラジル奄美移民100年の軌跡~

第2回 60歳超えて踊りの「先生」 ~ 島田シズエさん(宇検村出身)

2017年11月に刊行された『宇検村誌 自然・通史編』によると、鹿児島県奄美大島の宇検村からのブラジル移民は大正7(1918)年9月に長崎港から讃岐丸でブラジルへ渡航した13家族、54人が初めてのブラジル移民であった。その後、戦前・戦後を通じて81家族、491人がブラジルへと渡っており、奄美において宇検村は最もブラジル移民を輩出した「ブラジル移民村」であった。

宇検村出身の島田シズエさんは大正15(1926)年生まれ。31歳の時にブラジルへと渡った。当時のことを「私なんか一番としの方(高齢)」という通り、奄美から「妻」としてブラジルへ渡った女性の多くは20代前半であった。シズエさんは奄美で高等2年まで通ったのち、東京に住むおばのお産の手伝いをするため上京。当時のことを「親の手伝いもしなかったのに(東京へ)喜んで行った」と話す。

上京後、お産の手伝いが終わるとそのまま東京で仕事を探した。バスガールになりたかったが、おじに「(島の)言葉がダメ」と言われ紡績工場に勤め、言葉を覚えた。2年たち都会暮らしにも慣れたので念願だったバスガールになった。しかし、1年もすると戦争が始まった。空襲がひどく仕事どころではなくなったので、おばとその子どもたちと奄美へ引き揚げた。奄美に戻っても、できる仕事がなかった。父親は既に他界していたこともあり、生活はどんどん困窮していった。

親族から「仕事がないから、結婚しなさい」という声が出て、年の離れた男性と結婚した。結婚自体は望んでいなかったが「仕方なしに」承諾した。戦争が終わる頃には4人の子宝に恵まれていた。夫がある時、名瀬でブラジル移民募集の話を聞いてきた。「いい言葉」を言われ、すぐ「ブラジルへ行こう」となった。昭和33(1958)年、夫と5人の子どもと弟家族と共にブラジルへ渡った。

ブラジルに到着後、養蚕をした。移民募集の時には良い事ばかり聞かされていたが、現実は違った。ブラジルへ来ても結局は食べることもままならない生活が続いた。他の移民同様に「今より良い生活」を求めて仕事を転々とした。子どもたちが大きくなり、結婚すると、生活が落ち着いた。長女の夫が始めた漁業関係の会社を手伝った。定年を迎えると「仕事以外のことをしよう」という気持ちになり、日本舞踊を習った。奄美からブラジルに来てようやく踊りや歌を習う時間が持てた。

踊りが上達すると習った踊りを他人に教えるようになった。ブラジル在住の奄美出身者たちが建てた「奄美会館」で踊りを教える日々が続いた。「60(歳)まで仕事、仕事。踊りや歌をする暇はなかった。だから島唄も何もできんよー」と言いながら、話の途中で島唄を口ずさむ。

シズエさんによって奄美出身者の集まりが開催される時にはみんなで練習した踊りが披露されてきた。2014年9月、筆者が初めてシズエさんに会った時はもう踊りの「先生」ではなくなっていたが、皆はシズエさんの踊りを記録した映像をお手本にして練習を重ねていた。

2015年5月、シズエさんは死去。初めてお会いした日、シズエさんの次女に「あなたは(ブラジルへ)来るのが遅すぎた」と言われた。ブラジル移民の昔のことを知っている人たちがもっと元気だった頃に聞いておかなければいけなかったと。移民の語りは時間との勝負だと。

 

* 本稿は、『南海日日新聞』(2018年5月3日)からの転載です。

 

Read more