Select a primary language to get the most out of our Journal pages:
English 日本語 Español Português

We have made a lot of improvements to our Journal section pages. Please send your feedback to editor@DiscoverNikkei.org!

ニッケイ物語9—勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

ブラジル移民珍商売

左から2番目の長身の男性が真木昌さん(写真提供:砂古友久)

この話は僕がブラジルからカナダへ移住した際に、2008年のブラジル移民百周年を記念して、リオデジャネイロで殊の外お世話になった真木昌(まき・さかえ)先生の偉業を トロントの『大陸時報』に 書いたもので、再度こちらで紹介したいと思います。

戦後の打ちひしがれていた日本人に夢と希望をもたらしたのは「富士山の飛び魚」と称えられた古橋、橋爪、真木、浜口の日大水泳チームが樹立した八百メートルリレー世界新記録でした。1950年3月にブラジルに遠征した日大水泳部がブラジルの日系人に大歓迎を受けたのは言うまでもありません。

ブラジルが気に入った最年長の真木昌さんは、ブラジル水泳界の要請に応じブラジルに移住されました。サンパウロの名門スポーツクラブ「パウリスターノ」のヘッドコーチに就任し、その後、レシーフェのブリティッシュカントリークラブに破格の好待遇で迎えられました。

このクラブで真木さんは、水泳だけでなく柔道も指導され、その傍ら整骨にまでレパートリーを広げられました。それが図らずも真木さんが指圧師として大成功された生涯の仕事になったのでした。

クラブで真木さんの助手をされ、後に空手師範として大成された河村さんによれば、人格者の真木さんは口数が少なく、時と場合によっては誤解される事もあったそうです。無口で寡黙の日本人は、開けっぴろげで陽気な南米気質の社会では疎外感に陥る傾向があり、真木さんも例外ではなかったとか。そう話す河村さんは、ドイツ系の奥さんのお陰で完全に地元社会に溶け込んでおり、ドイツ人クラブの体育主事の傍ら空手道場のオーナー兼コーチ。 河村道場のクラブメンバーはエリートのシンボルで、レシーフェの街ではカワムラと日本語で背中に書かれたスポーツウエアを着て歩くのがファッションとなりました。

スポーツマンとして人体の健康に医学以外の効用を見出された真木さんは、リオデジャネイロの景勝地ボタフォーゴに指圧治療院を開業され、人伝に患者が増え業績が上がるようになりました。リオデジャネイロ州のラセルダ知事の難病を完治されたことが有力週刊誌にとりあげられてからは、訪れる患者が引きも切らず、重傷患者の往診もされる事になり昼夜多忙を極めてたのです。

大本教信者の真木さんは、患者に先ず神棚を拝ませてました。敬虔なカトリック信者の多いブラジル人の中には異教の拝礼を拒否するものも多かったのですが、先生の信じる教義を信じない者には治療は出来ないと診察を断られるのでした。宮崎農林出身で食品や医薬品に造詣のある真木さんには、食糧事情の悪かった戦後の日本で世界新記録続出を助けた秘伝の献立に自信がありました。サツマイモをはじめソバ、トウモロコシ等の炭水化物が日本人を飢えから救ったと言われてました。戦時中にはフィリピンの山野で雑草を喰って飢えをしのいだ事もあるとか。

味噌汁の出汁雑魚は捨てずに料理に利用する。ブロイラーの鶏や卵には栄養がないから食べないほうがまし、養鶏場で走り回ってる鶏や卵を食べるのでなければ意味はない。うどんよりは蕎麦。ミルクは乳幼児には必要だが成人には必要なく、他の食物でタンパク質もカルシウムも補える。人間の歯は穀物を噛むように、猛獣や猛禽類の歯は肉を食いちぎるようになっており、草食動物や鳥類の歯とは異なっている。鳥類の嘴は木の実をつつくように出来ている。したがって、人間や各種の動物は自己の歯に見合った物を食べておれば健康を維持でき、他人の領域の食べ物を横取りすれば病気になる。だから肉を主食とするブラジル人に、酪農品を食べるなら治療に責任は持たないと真木さんは言う。それを聞いて諦めた患者も少なくなかった。

神棚を拝み、肉食、酪農品を絶った患者には誠心誠意尽くす真木さんは、神憑りの威厳さえあったと言われてました。出口王仁三郎の創設した大本教は国家反逆の宗教とみなされ、日本を追われ中国に王道楽土を夢見て進出しましたが、中国では夢を果たせず、今ではブラジルで細々と息づいてます。

真木さんの偉いところは、病気が治るまで治療費を請求しない哲学でした。治療院であるからには、完治するまでは金を受け取らないという心情を曲げなかったのです。

果たして、患者の多くは金を取らない真木さんに期せずして土地を贈りました。リオデジャネイロ大学農学部近くで大地主となった真木さんは、原爆孤児のフミオに農場管理を任せ、週末には日系人にの慰安会パーティーに無料で会場を提供されていました。

真木さんは指圧治療院の近くにあるボタフォーゴスポーツクラブでの全伯水泳大会に出場され、40歳にして大会新記録で優勝されました。

もう直ぐDr. Sakae Makiの13回忌を迎えるにあたり、戦後の日本に光明を灯したフジヤマのトビウオの同僚の中には、誰も書かなかった偉人が居た事を、ブラジル移民百周年を機に再度したためた次第です。


*トロント新移住者協会ニュースレター108号(2008年9月)に掲載された記事を編集し、掲載したものです。

 

© 2020 Hideo Maruki

4 Stars

Nima-kai Favorites

Do you like this story? Login or register to give it a star! The Nikkei Sports stories with the most stars will be translated into our other site languages! You have to be logged in to your Nima account to vote.

acupuncture Brazil migration Sakae Maki swimmer

About this series

新型コロナウイルスの世界的大流行に伴い、2020年東京五輪などの主要なスポーツの大会が中止または延期となり、私たちは今、スポーツを生で楽しむことができません。今回のニッケイ物語では、みなさんからニッケイのスポーツにまつわるストーリーを募集します。お気に入りのスポーツについて思いをめぐらせ、その思い出を共有することで、この困難な時期に私たちは一つとなり、心を癒すことができるでしょう。

ニッケイのスポーツを、ゲームの勝敗を超えて特別なものにしているのは何でしょう?あなたのヒーローである日系アスリートや、あなたのニッケイとしてのアイデンティティに影響を与えたアスリートについて書いてみませんか?ご両親の出会いのきっかけは、ニッケイのバスケットボールリーグやボウリングリーグでしたか?戦前の一世や二世の野球チームに代表される日系スポーツ史にとって重要な時代に関心はありますか?

受付期日は10月31日18時(太平洋夏時間)までです。

プロジェクトガイドラインおよび募集基準に従って投稿いただいた全てのストーリーは、ジャーナルセクションの「勝敗を超えて:ニッケイスポーツ」シリーズに順次掲載されます。お一人で複数の投稿が可能です。

詳しくは、こちらのURLをご覧ください:5dn.org/JAsports


その他のニッケイ物語シリーズ >>


<<コミュニティパートナー: Terasaki Budokan - Little Tokyo Service Center>>