• ja
全米日系人博物館 『コモン・グラウンド -  コミュニティの心』

JANM
Enlarge Enlarge Licensing

第4展示室: 再移住と再建そして歴史の再考:1945年から現在に至るまで

1945年、日本の降伏をもって強制収容所は閉鎖されました。一世の多くは高齢化しており、中には80歳を過ぎた人々もおり、彼らが戦時中に失ったもの全てを取り戻すことはできませんでした。

しかし、日系アメリカ人たちは、徐々に戦前に築きあげた社会との繋がりを回復させ、同時に新しい関係を広げ、新たな一歩を踏み出していきました。

写真は、シカゴへ再移住した人たちです。シカゴのコミュニティについては、こちらを参照下さい。 Origins of Now: ReBuilding Community, An Excerpt from an Exhibit on the Resettlement of Japanese Americans in Chicago(英語)>>

*博物館の展示室からの写真ではありません。

Based on this original

Work
uploaded by D_Burns
Work - Resettlers worked at a variety of jobs. Women commonly worked as domestic servants, in Chicagoユs candy industry, and in the crafts. Men were in demand for low-level manufacturing ... More »


最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団