• ja
全米日系人博物館 『コモン・グラウンド -  コミュニティの心』

JANM
Enlarge Enlarge Licensing

補償運動

1970年代までには、多くの草の根活動団体が戦時中の強制収容の不当性を主張し始めていました。そして、日系人の基本的人権を侵害したことを認めるよう合衆国政府に要求しました。

1988年、政府は自らの過ちを認め、公式に謝罪し、被収容者に対し具体的な意思表示としての補償金を支払うことに同意しました。

展示室では政府が行った調査での証人証言のビデオや矯正運動に関わった方々のインタビューの一部の録音 (英語)を聞く事ができます。

写真は、収容所の体験を語る公聴会の様子です。

*展示室からの写真ではありません。

Based on this original

Commission on Wartime Relocation & Internment of Civilians
uploaded by intrepidmouse
The Commission on Wartime Relocation & Internment of Civilians provided an official venue of release for the reluctant internees to talk about their incarceration in internment camps. (Photo courtesy of ... More »


いただきます 2!新・ニッケイ食文化を味わう

「いただきます2!」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団