2匹の競走馬

渡米 米国での最初の仕事 ビジネスでの苦い経験 日本と米国 東京の会社が焼失 結婚相手を紹介 2匹の競走馬 バイオリンを購入

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

馬が2匹持ってた。サンタアニタに。39の時よ。39の時言うたら、37、8、9よ。サンタアニタと、こっち側のポモナもあったよ。わし、日本へ帰ってる時に、ツータイム(2回)勝ったんよ。ツータイム。そしたら、ノダ[?]という男に、頼んであるからね、わし日本におる間に、景勝馬も、馬も、みな売ってしもうた。二人がつめになると[?]、二人が分けてどっかへ行ってしもうた。(笑)

日付: 2004年10月14・17日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 山本 恵理子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

horse racing race horses

ここでは、オーラル・ヒストリーインタビューに必要な基礎知識をご紹介します。

絆2020:ニッケイの思いやりと連帯―新型コロナウイルスの世界的大流行を受けて

ストーリーを読む >>
あなたのストーリーも募集してます!

勝敗を超えて: ニッケイスポーツ

「ニッケイスポーツ」への投稿作品を読む >>

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館

主な援助
日本財団