• ja
2 移民を授業する - 日系アメリカ人の記憶から学ぶ:  2 エド・イチヤマさん

team-nikkei-usa
Enlarge Enlarge Licensing

Untitled

私は差別を2回経験しました。最初は日系人であるということでスパイ扱いされ、それでもアメリカ軍に志願した時です。私はハワイの100大隊に配属されました。日系人だけで組織された軍です。他の兵士とは別なのです。次に、本土の日系兵士と合流して442連隊になり、ミシシッピにあるシェルビー基地に移動した時に差別を感じました。町では、レストランもバスもトイレも白人(White people)用と有色人(Colored people)用に別れていました。私は白人ではないので有色人用を選ぶと、「そこは黒人用だ」と言われるのです。どちらも利用できず困りました。しかも大人であるにも関わらず「Hey, boy!」と子ども扱いでした。私たちは一体何者でしょう。とりあえずバスでは白人用と黒人用の間のまん中に座るようにしました。

Based on this original

442nd
uploaded by BShindo
the history More »


Get updates

Sign up for email updates

Journal feed
Events feed
Comments feed

Support this project

Discover Nikkei

Discover Nikkei is a place to connect with others and share the Nikkei experience. To continue to sustain and grow this project, we need your help!

Ways to help >>

A project of the Japanese American National Museum

Major support by The Nippon Foundation