Imin Kenkyukai--Sympo (Aug. 5-6, 2006, Tokyo)

  • ja
Conference/Presentation

Ago 20065 Ago 20066

津田塾大学 津田梅子記念交流館
Tōkyō
Japan

移民研究会 ワークショップ&シンポジウム

目的: 『日本の移民研究』(日外アソシエーツ:1994年)が刊行された1994年以降、日本における移民研究は質・量ともに飛躍し、その裾野の広がりには目を見張るものがある。そのことは、新たに出現している膨大な研究とその研究視座の検討(再検討)が必要であることを示している。本企画は、1994年以降の移民研究文献の分類・整理作業の成果をふまえ、研究テーマごとに「研究動向展望」を発表し、議論を深めることを目的とする。このような「研究史研究」の作業は、歴史・文学・人類学・社会学・地理学等、多分野にまたがる「移民」を巡る研究における諸概念、研究視座の建設的な「翻訳」、相互交流に繋がるであろう。具体的には、「出・入移民」、「同化」などの伝統的な研究視座に加えて、「トランスナショナルリズム」「グローバル・マイグレーション」といった研究視座の可能性と課題を検証しつつ、移民研究の新たな地平を模索することとしたい。

プログラム(仮) 敬称略
8月5日(土)
12:00 移民学会共同研究推進委員長挨拶 篠田 左多江

12:10-14:10 【第1セッション:ネーション・トランスナショナル】 
 長谷川寿美、菅(七戸)美弥、河野利佳子、増田直子

14:20-16:20 【第2セッション:移民と社会の諸相】 
 高橋典史、南川文里、拝野寿美子、深見麻、飯野朋美

16:30-18:00 【総括セッション:これからの移民研究】 
 木村健二

8月6日(日)
10:00-13:00 【移民研究の教育の現場から】 司会 村川庸子
 粂井輝子 森本豊富 南川文里



会場: 津田塾大学 津田梅子記念交流館
     以下のサイトに地図が載っています。
     http://www.tsuda.ac.jp/ja/guide/C15.html

 

Etiquetas

Login or register to add tags

Tomoko_Ozawa . Última actualización Jul 09 2010 12:12 p.m.


<<

agosto 2006

>>

Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Login or register to add an event

Encuesta de la serie Preguntas y Respuestas de Descubra a los Nikkei

Llena la encuesta >>

Kizuna 2020: Bondad y solidaridad nikkei durante la pandemia de COVID-19

¡Lee las historias y comparte la tuya!

Más Que un Juego: Deportes Nikkei

Los envíos serán aceptados hasta el 31 de octubre.

Lea las historias de Deportes Nikkei >>

Reciba novedades

Regístrese para recibir actualizaciones por email

Journal feed
Events feed
Comments feed

Colaborar con el proyecto

Descubra a los Nikkei

Discover Nikkei es un espacio para conectarse con otros y compartir experiencias nikkei. Para que siga creciendo este proyecto necesitamos tu ayuda!

Manera de colaborar >>

Proyecto Japanese American National Museum

Principal patrocinador The Nippon Foundation