シアトル・宇和島屋物語 ~ The Uwajimaya Story

アメリカ・ワシントン州シアトルを拠点に店舗を展開、いまや知らない人はいない食品スーパーマーケットの「Uwajimaya(宇和島屋)」。1928(昭和3)年に家族経営の小さな店としてはじまり2018年には創業90周年を迎える。かつてあった多くの日系の商店が時代とともに姿を消してきたなかで、モリグチ・ファミリーの結束によって継続、発展してきたその歴史と秘訣を探る。

第1回から読む >>

business ja

第16回 万博に出店し成功。富士松逝く

終戦から5年後の1950年9月、日本とシアトルを結ぶ太平洋航路が再開し、翌年にはサンフランシスコ平和条約(対日講和条約)が締結され、日本は独立を回復した。日米間の交易、交流も進み、60年には、日米修好通商100周年を記念した行事が、日米で華々しく行われた。アメリカでの記念祭には日本から皇太子も出席し、シアトルにも訪れた。

シアトル市内のメイン・ストリートの宇和島屋には、日本からシアトルに入港する船の船員たちやアメリカの軍人と結婚して渡米してきた日本人女性も頻繁にやってきて顧客となっていった。

こうして日本人、日系人のお客を相手に、宇和島屋はにぎわいをみせていた。しかし、それは富士松、貞子夫妻をはじめモリグチ家の家族が…

続きを読む

war ja

第15回 復興と日本に戻った長女

「米國日系人百年史」(新日米新聞社、1961年)によれば、シアトルでは戦後、まちに帰還した一世たちが競うようにしてホテル、アパートやオフィスビルを購入し、従来のリースによる事業を別の形で発展させた。日系人によるさまざまな商売や事業も復活してきた。

1948年末までの市内の日系の事業者を種別にみると以下の通りである。

団体5、教会16、医院・歯科医眼鏡医・治療院19、事務所・新聞社30、貿易商9、食料品卸商5、商店8、家具・器具・金物店10、醤油製造・豆腐店・魚店10、食料品店22、薬店・農給商11、時計商・写真館9、花・菓子・釣道具店12、運送店10、洗染所・洗濯所28、酒店3、日本支那料理4、洋食店21、ホテル…

続きを読む

business ja

第14回 戦後、シアトルで店を再開  

戦時中、10ヵ所に設けられた日系人収容所のなかで、カリフォルニアのトゥーリレイク(Tule Lake)収容所には、地理的な理由から当初収容された日系人に加えて、アメリカに対して忠誠心がないとされた人たちがその後集められた。一方で政府によって忠誠心があるとされたものは他の収容所に転出して行った。

忠誠、不忠誠の問題は、一個人としても割り切れない人は多く、また外部からそれを見極めるのは簡単ではなかった。モリグチ一家はタコマに住んでいたのでトゥーリレイクに入ることになったが、その後も他に移ることはなかった。

一家の柱である森口富士松が、どのような政治的な考えを持っていたか、どう政府から判断されたかははっきりしないが、この時…

続きを読む

war ja

第13回 開戦、そして収容所へ

三人の子供を抱えて、森口富士松、貞子夫妻が切り盛りする宇和島屋には、商店ということもあって、いつも日本人が出入りしていた。子供たちはこうした大人たちにかわいがられ、面倒をみてもらうなど、日本の田舎のコミュニティーのような暮らしの中で育っていった。人々が気軽に集まってきたのは、同じ日本人で困っている人がいると、親身になって世話した貞子の人柄に負うところが大きかった。

富士松が愛媛県の郷里から呼び寄せられた弟の才助は、まもなくして体を壊して亡くなってしまったが、商売はそれなりに繁盛し、人を雇うほどだった。また、長男のケンゾウは、現地の小学校に通い、それが終わると日本人学校で学んだ。幼かったが8歳のころから商品を並べたり接客…

続きを読む

business ja

第12回 タコマでの商売

シアトルの南50キロほどのところに位置する海沿いのタコマは、貿易の拠点として、工業都市として早くから発展してきた。1907年には人口は9万人に達していた。森口富士松が店を開いたのは1928年だが、日本人の数は20年代が最も多くなり、タコマ市内に約1600人が在留していたといわれる。

さかのぼれば、日本人が初めてタコマに足跡を残したのは1885年とされ、98年4月には熊本一二三という人物が会社を設立し、ノーザン・パシフィック鉄道に日本人工夫を斡旋、800人の労働者がその後就労した。また、タコマ近辺の製材業にも従事する日本人労働者が増えたほか、周辺地域で野菜や果実の栽培も日本人によって盛んにおこなわれるようになった。

な…

続きを読む

タグ

1962 business camps family Fujimatsu Moriguchi grocery business grocery store Japan kibei Moriguchi Family post-war seattle Seattle World Fair tacoma tule lake uwajimaya Washington World War II