たわし工場労働者から洋服の仕立て屋へ

Transcripts available in the following languages:

普通の人たちはみんな農業と言うことで、内陸部の方へ行くんですけど、我々はそのしむたかつみとしむたことの呼び寄せで行ったので、農業をする必要が無くてですね、最初からサンパウロで住んだわけですよ。

そのしむた夫妻は小さなたわしを作る工場を、経営していたんですね。そこでの労働力を確保したいために、我々を呼んだんだろうと思うんですが、まぁどう考えてみても、やっぱり戦前からずっといる人たちと、戦後行った我々と、やっぱり考え方が全然合わないですね。

それでそこにそうですね、どの位いたんだろうな、一年半か二年位いまして、それで私の父は洋服の仕立屋をやっていたんですね。ですから、日本で。若いころからずっとそれやってて。それで、手に仕事が、職があったから、そこを飛び出しても何とかやっていけたということなんですね。

Date: 2019年9月19日
Location: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: 西村 陽子
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

issei scrubbing brush scrubbing brush factory tailor

Get updates

Sign up for email updates

Journal feed
Events feed
Comments feed

Support this project

Discover Nikkei

Discover Nikkei is a place to connect with others and share the Nikkei experience. To continue to sustain and grow this project, we need your help!

Ways to help >>

A project of the Japanese American National Museum


Major support by The Nippon Foundation