Información enviada por laurahh

デカセギ・ストーリー

第三十九話(前編) 日本がわたしにくれた物

Laura Honda-Hasegawa

マルコのお父さんは最愛の妻を病気で亡くしたため、一人息子を両親に預け、サンパウロへ出稼ぎに行った。3年たって、ようやく仕事も住まいも安定したので、息子のマルコを呼び寄せた。

デカセギ・ストーリー

第三十八話 わたしの大好きなファミリー

Laura Honda-Hasegawa

わたしの名前はミツノ、11歳の女の子です。パパは日系ペルー人で、ママは日系ブラジル人です。わたしは日本で生まれて、ママが大好きなおばあちゃんの名前「光乃」を付けてもらいました。

デカセギ・ストーリー

第三十七話 コロナなんかに負けるもんか!

Laura Honda-Hasegawa

1998年、僕は5歳のとき、両親に連れられて日本へ行きました。それまで父は薬局に勤め、母はスーパーで働いていました。しかし、生活がぎりぎりだったので、もっと安定した暮らしを送るために日本へ出稼ぎに行くことを決めました。

デカセギ・ストーリー

第三十六話 マサトシの再出発

Laura Honda-Hasegawa

マサトシとロザナは幼なじみだった。学校の宿題をする時も遊ぶ時もいつも一緒だった。しかし、中学校を終えると、ロザナは伯母さんの美容室で働くためにサンパウロへ行ってしまった。それっきり2人の連絡は途絶えてしまったた。

デカセギ・ストーリー

第三十五話 ようやく、にっぽん! 

Laura Honda-Hasegawa

両親が出会ったのは24年前。9歳のときから家族と日本で暮らしていた母は、親戚の結婚式に出席するためにブラジルに戻ってきていました。父は、新郎の親友で、めったに着ないスーツ姿で式に参加していました。

デカセギ・ストーリー

第三十四話 コロナによる突然の帰国

Laura Honda-Hasegawa

日本へ行ったのは1997年。姉は26歳、わたしは18歳でした。姉のご主人のマサオさんは半年前から豊橋市の工場で働いていたので、私たちはバラバラにならないように同じ町で仕事を探し、ようやく姉はパン屋、わたしはブラジルの商品を扱う店で働くことになりました。

Kizuna 2020: Nikkei Kindness and Solidarity During the COVID-19 Pandemic

パンデミックのさなかに見たコミュニティの絆 - その2

Laura Honda-Hasegawa

その1を読む >>

Kizuna 2020: Nikkei Kindness and Solidarity During the COVID-19 Pandemic

パンデミックのさなかに見たコミュニティの絆 - その1

Laura Honda-Hasegawa

ロンドリーナでの新しい生活

デカセギ・ストーリー

第三十三話 「カレンが日本へ戻らないって」

Laura Honda-Hasegawa

高校生だったトシエは、同級生のイヴァンと結婚し、その5ヶ月後に双子の赤ちゃんを産んだ。当時19才だったイヴァンは大学進学を諦め、スーパーのレジ係、自動車部品店店員、タクシードライバーなど、職を転々とした。しかし、家計は苦しく、家族を残して日本へ出稼ぎに行った。

デカセギ・ストーリー

第三十二話 たった5ヵ月のデカセギ生活

Laura Honda-Hasegawa

マリには子供がいなかったため、夫を早く亡くしてからは仕事一筋だった。

Login or Register to join our Nima-kai

Información

I enjoy spending time at bookshops, taking nice walks, trying new recipes, and travelling to many different places in my free time.
The most significant experience in my life was when I lived in Japan, 40 years ago.
本屋に立ち寄ったり、散歩をしたり、新しい料理を作ってみたり、時間がある時、いろいろな所へ行くのが大好きです。
わたしの人生のなかで一番貴重な体験は、40年前、日本で生活したことです。
Eu amo passar o tempo em livrarias, fazer passeios maravilhosos, experimentar novas receitas e viajar para diversos lugares em meu tempo livre.
A experiência mais significante de toda a minha vida foi viver no Japão, 40 anos atrás.

Intereses Nikkei

  • historias de comunidades
  • historias familias
  • festivales/matsuri
  • japonesa/comida nikkei
  • Japantowns
  • taiko
  • movies

Reciba novedades

Regístrese para recibir actualizaciones por email

Journal feed
Events feed
Comments feed

Colaborar con el proyecto

Descubra a los Nikkei

Discover Nikkei es un espacio para conectarse con otros y compartir experiencias nikkei. Para que siga creciendo este proyecto necesitamos tu ayuda!

Manera de colaborar >>

Proyecto Japanese American National Museum


Principal patrocinador The Nippon Foundation