Maximiliano Shigeki Matsumura

1942年7月16日鹿児島県枕崎市生まれ。父の転勤で鹿児島県内の各地で過ごす。鹿児島大学農学部専攻科を終了後ブラジル移住を決め、1966年7月末親兄弟の反対を押し切って渡伯。サンパウロ州 リオグランデ・ドスール州で働く。鹿児島県人会や地元文化協会の会員。ブラジル国籍取得。

(2021年9月 更新)

community ja

コロニア語

1966年9月11日の夜、私達を乗せた「さくら丸」はサントス港に碇を降ろした。翌日の朝からざわざわと下船が始まる。荷物下ろしも入国手続きもまったくのろく、私を迎えに来た老いた「パトロン」(雇用主)夫婦は早朝から待っていたそうだが、税関吏が荷物検査を終えて、サントスから奥地に向かったのは薄暗い夕暮れ時だった。 三人が乗った小型のワーゲン車「フスカ」(愛称:カブトムシ)は軽快な空冷エンジンの音を響かせながら、海岸山脈の峠を登った。大分経って、「フスカ」は大都会のサンパウロ市内を横切り、イビウナ郡へ向かう街道に入った。くねくねと曲がった街道は上へ上へと向かっている。途中、小高い丘の上にあるコチアの街の中の「バール」(スナックバー)と呼ぶ軽食店の横に車を留めた。 「パトロン」が手を挙げて奥にいる人物になにやら声を掛ける。のっそりと出て来たちょび髭の男が「ナンダ?」と無愛想に答えた。夜なのに中折れハットを帽子を被っている。「パトロン」は指を4つ突き出し「カフェジニョ」(コーヒー)と云った。 カウンターの内側に金属製の湯沸かし器に似た容器が於いてあった。横に湯を張った四角い温浴漕が並ぶ。湯気が立ち上っているので熱いのだろう。ちょび髭は小さなコーヒー椀を温浴漕の湯に潜らせて水を切り、湯沸かし器の蛇口からコーヒーを注ぐ。カウンターに並んだ小さな受け皿に湯飲みを置いて、まず私の前に差し出した…

Read more

community ja

Nikkei Chronicles #10—Nikkei Generations: Connecting Families & Communities

ブラジル二世第1号の人

珍しく早起きしてソファで血圧を計っていると電話が鳴った。早朝に電話がなるのはお葬式の知らせと決まっているので、恐る恐る受話器を取る。 「オレオレ、まだ寝てた?」 アチバイアに住むさくら丸同船者の三木路生(みちお)さんだった。 「聞いて驚くな!」 人をビックリさせるあの独特の抑揚。同船者で病気の人って誰だっけ?それとも元気な人が事故か何かで?早く教えて! 向こうもじれったいのか「聞いて驚くなかれ!昨日、珍しい人に会ったよ」と切り出した。 アー、誰も死ななくて良かったと安堵する。 三木さんは続けて、「第1回移民船笠戸丸移民の二世第1号の人だよ」と自慢げな声だ。なんだかんだと説明があって、「君にこの事を新聞に書いてほしい」と依頼された。次の日、彼は断れ切れない私に数冊の資料を届けに来た。 その人はローザ・芳子・樋口・ジョーンズさん。1908年4月2日出港の第1回移民船笠戸丸乗船時、母の樋口タニさんは妊娠1ヶ月だったが気付いていなかった。樋口敏政・タニの一家はモジアナのグァタパラを経て、ノロエステ線のピラジュイの耕地に入る。その年の10月15日、ローザさんが生まれる。 未熟児として小さくひ弱に生まれが、黒い髪の毛の乳児は母のお乳を一生懸命飲んですくすくと育った。樋口一家はリオ州のノ―バ・イグアスに移り米作に従事したが、父の敏政さんが死亡。母タニさんはローザと日本生ま…

Read more