第442連隊戦闘団に所属していた夫のジョージ(英語)

日本の親戚と話すために日本語を学ぶ(英語) FBIによる強制家宅捜索と父の逮捕(英語) ハリウッドで裁縫師として働く(英語) 50歳で美容師になるための勉強を始める(英語) 第442連隊戦闘団に所属していた夫のジョージ(英語)

書き起こし文章は右記の言語でご覧になれます:

(英語)ジョージはコ―ドン・・・じゃなくて、ゴードン陸軍基地にいました。軍隊にいたんです。

I*:ジョージは志願したのですか?それとも徴兵されたのですか?

徴兵されました。大勢が442(第442連隊戦闘団)でイタリアに送られました。

I:442部隊にいたのですね?

そうです。サンフランシスコに行ったんです。そこから別々の基地に送られることになっていました。夫の兄のマサトがイタリアのミラノに派兵され、3年現地にいました。442部隊は全員ミラノに派兵されました。

I:彼がどこに行って、442部隊で何をしていたかはご存じですか?

脚が悪かったので海外には派兵されず、事務仕事をしていました。

I:国内でですか?

ゴードン陸軍基地、東海岸のジョージア州だったと思います。

I:どのくらい軍隊にいたのですか?

3年くらいです。その後、彼は家族のいるロングビーチに移り住みました。

* “I” はインタビューワー(アキラ・ボック)

日付: 2018年6月1日
場所: 米国、カリフォルニア州
Interviewer: アキラ・ボック
Contributed by: 全米日系人博物館、ワタセ・メディア・アーツ・センター

442 camp gordon italy milan WWII

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館


主な援助
日本財団