The North American Post

The North American Post is a Japanese newspaper published in Seattle, Washington. As the oldest Japanese newspaper, it widely covers the nikkei community in the Northwest region. Currently it's published weekly as a bilingual newspaper in Japanese and English. A Japanese magazine Soy Source is its sister paper. 

Updated December 2014

food en ja

Washoku Competition in Seattle Recognizes Local Cuisine

With cooking competitions becoming widely popular on TV and at community events, Seattle became a center for a Japanese cuisine chefs’ kitchen battle last month. “Washoku World Challenge 2015” hosted a Seattle event on December 11 in Pioneer Square. Organized by Japan’s Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries and Nikkei Business Publication, the event focused on competition by foreign chefs of Japanese cuisine who serve quality dishes to local customers. The event organizer picked three cities from three regions, Seattle from North and South America, Jakarta …

continue a ler

community ja

第55回海外日系人大会総括: 大会宣言発表、世界各国から140名参加 ~シアトルからは5人~ 

本紙(北米報知)でも既報したが、第55回海外日系人大会が10月22日から24日にかけて東京で開催された。「日本文化を創造する海外日系社会-「和食」の展開に示す底力-」をテーマとし、伝統的な「和食」の世界と、日系人に受け継がれ、新たな文化として進化する海外の「和食」の最前線を紹介。ユネスコ無形文化遺産となった「和食」を中心とした日本文化の海外普及に貢献する海外日系人社会の関係者の交流の場となった。 * * * 今年の参加者は22カ国1地域から140人。シアトルからは本紙関係者含め5人が参加した。多かったのはブラジルが53人、米国22人、ペルーが16人。初日の歓迎交流会では今年は皇太子殿下が出席された。 同大会は海外在住日系人が母国で一堂に会し、居住国の実情を相互に認識しあい、あわせて国際交流、国際理解、国際親善を深め、対日理解の促進と強化を図ることを目的とする。第1回大会から昨年までの参加総数はのべ1万8778人。 同大会の始まりは第二次世界大戦の日系社会になる。大戦中の日系人収容所、抑留所へ日本から味噌、醤油、日本語書籍などの慰問品を赤十字社を通じて送付。戦後、在米日系人が敗戦の混乱と、食料や生活必需品不足に直面する日本の状況を目の当たりにして、戦中の慰問品に対する感謝を込め1946年から52年にかけて、粉ミルク等の食料や衣料などを送った。 米国のキリスト教団体、労働組…

continue a ler