Yumiko Hashimoto

Yumiko Hashimoto é nascida na cidade de Kobe da província de Hyogo. Vive em Los Angeles desde 1997. Trabalha como jornalista da Nikkey Community escrevendo artigos focalizando temas locais. Durante a sua vida no Japão, nunca tinha ouvido falar de campos de refugiados da Segunda Guerra Mundial e nem conhecia a palavra “Nikkei”. Ela participa deste Discover Nikkei com a esperança de poder aproximar um pouco entre si, os nikkeis que vivem aqui.

Atualizado em outubro de 2008

community ja

生活排水の再利用から誕生した サンフェルナンドバレーの日本庭園「水芳園」 - 今後の継続のために、ぜひ訪問を!

12月中旬、雨上がりの「水芳園」を訪れました。サンフェルナンドバレー、ヴァンナイズのティルマン下水再利用プラント内にある日本庭園です。

訪問にあたり、前もって電話にてドーセント(ガイド)をお願いしておきました。運が良かったのか、この時間に予約したのは私一人。ドーセントのジュリー・ウーさんと二人で廻ることになりました。

この日本庭園が造られた歴史から始めることにしましょう。

「水芳園」がある下水再利用プラントの正式名称は、「Donald C. Tillman Water Reclamation Center」。ドナルド・ティルマンは、ロサンゼルス市の水道技術者だった人です。60年代、市の水道局に勤務していたティルマンは、サンフェルナンドバレー地区の下水量増加という問題を抱えており、解決策として二つの選択肢を迫られました。一つはロサンゼルス地区の巨大プラント、ハイペリオン下水処理場に送られる下水管を増設すること、そしてもう一つは水の再利用施設を作ることでした。

ティルマンが選んだのが後者。下水(生活排水)が、いかにきれいな水に戻されるのか、市民に知ってもらいたいという考えからです。そこで、UCLA時代、日本庭園に造詣の深いカワナ・コウイチ教授に学んだティルマンは、処理された下水を活用した日本庭園を思いつきました。カワナ教授による全面的な協力を取り付け、日本庭園の造園計画が始まりました。

しかし壮大な計画は簡単に進みませんでした。特に財政面で苦労しましたが、ティルマンは当時のロサンゼルス市長ヨーティーを説き伏せることに成功しました。その後、二人でワシントンに向かい、ニクソン大統領(当時)に面会、計画を直訴しました。下水を公園やリクリエーションに再利用するというアイデアに大統領も共感、一気に計画は進展しました。(黒澤明監督の映画『生きる』を思い出しますね)

計画から約20年後の1984年、ティルマン下水再利用プラントと「水芳園」がオープンしました。上記のような事情から、「水芳園」の最大の見どころは、『水』なのです。

いよいよ、「水芳園」に入ります。

裏門を一歩くぐると、そこはまさに「別世界」でした。こんな広大な日本庭園だったとは! しっかりと手入れが行き届いており、ヴァンナイズの青空とは不釣合いに日本の情緒さえ感じました。

[inline:DSC00626 Uragate.JPG]

ジュリーさんは、裏門から向かって左側を「ドライガーデン」(枯山水)、右側を「ウェット・ガーデン」(池)と教えてくれました。水を使わずに山水を表現する枯山水庭園では、敷き詰められた小石が水(海)、そして岩(島)の周りの円形の紋様は波によってできた波紋を示しているそうです。さらに東屋に向かう飛石の配置は鳥の飛行パターンを示しているのだとか。カワナ教授は、日本庭園が自然のシンボル化(模倣)であることを忠実に表現したのです。

[inline:DSC00566 karesansui.JPG]

そして右側のウェットガーデンの中央には、大きな池が配置されており、平和な静けさを感じとることができました。池に配置されたいくつかの島には、鴨やサギが休み、池の中の魚を狙っているようでした。

池の向かいには、プラントの管理棟が建っています。TVドラマ『スタートレック』を始め、多くのTVや映画で使用されてきたというこの建物は、近未来的な様相をしています。日本庭園とシルバーの建物がなんともミスマッチ。

[inline:DSC00569 Ike.JPG]

ジュリーさんのツアーのハイライトが、一般入り口となる裏門のちょうど反対側に位置する茶室でした。露地(茶庭)には腰掛待合、手水鉢もありました。小さな入口、にじり口の奥には(中には入れませんが)、4畳半の茶室がありました。茶道が儀式的なことは有名ですが、ジュリーさんの説明を聞いて、茶道とは茶室の中で始まるものではなく、招かれた家の外側から始まっているのだと知りました。

[inline:DSC00604 syoin.JPG]

ツアーの最後は、管理棟へと戻りました。そのタワー部分に上り、水再利用の仕組みについて話してくれました。ティルマン下水再利用プラントでは、毎日2700万ガロンの水が処理されているそうです。たいていの人は生活排水が、その後どうなるかなんて考えたこともないと思います。このプラントで処理された再利用水は、その大半が海に戻されます。それ以外の一部の再利用水がこの日本庭園や近くのレイク・バルボア、さらにゴルフコースやフリーウェイのスプリンクラーに使われています。豆知識ですが、下水再利用の水の栓や水道管は淡いパープルの色をしています。黒い栓の水は飲めるけれど、淡いパープルの栓の水は決して飲んではいけないという目印なのです。

[inline:DSC00553 Sairiyou center.JPG]

60年代のサンフェルナンドバレーで、水の再利用を日本庭園の形で見せたらどうだろう…そんな発想がこのティルマン下水再利用プラントだったわけです。カワナ教授は、6.5エーカー、およそ8000坪の地に岡山の後楽園と同じような池泉回遊式を再現しました。日本庭園にありがちな五重塔や赤い橋はありません。全ては自然と調和して溶け込んでいます。ジュリーさんは何度も「authentic」と口にしましたが、確かに派手さのない「わびさび」の日本庭園と言えるでしょう。カワナ教授が1990年に亡くなった後も、職員やボランティアの真摯な気持ちと愛情によって、「わびさび」が維持されていることに、一日本人として頭が下がりました。

公共の建物であるこの「水芳園」も財政難に苦しんでいるのは例外ではありません。約70名のボランティアの協力を得て庭園を維持していますが、日本庭園を毎日手入れするためには、年に約40万ドルの経費がかかるそうです。運営するLADWP(ロサンゼルス水道局)にとっては、非常に大きな支出であることに変わりありません。現在のところ維持には支障は出ていませんが、今後はどうなるか分かりません。

「水芳園」の入場料はわずか3ドル。月曜から木曜の午前中には、ドーセントによる説明ツアーもあります。要予約なので、前もって(818) 756-8166 に連絡してください。セルフツアーの方の開園時間は、月曜から木曜の午前11時から午後4時、そして日曜午前10時から午後4時。こちらは予約なしで入ることができます。同じ入場料なのだから、時間が許せる限りドーセント付きのツアーをお勧めします。

アメリカに来たばかりのころは、日本人がわざわざアメリカの日本庭園に行かなくても…と思っていましたが、今ではできる限り各地の日本庭園を訪問したいと考えるようになりました。アメリカの日本庭園は、日本文化を美しいと感じたローカルの日系人そしてアメリカ人の献身で、造園、維持されています。日本庭園は立派な日本文化の継承です。日本文化に対する貢献だと思って、ぜひ「水芳園」を含む、アメリカ各地の日本庭園を訪れていただきたいものです。

* * *

JAPANESE GARDEN / SUIHO-EN
Garden open hours:
Monday-Thursday, 11 to 3:15 p.m. (you can stay until 4 p.m.)
Sunday, 10 a.m. to 3:15 p.m. (you can stay until 4 p.m.)
$3 per person entry fee
$5 per person for special events days
Closed if rain within 24 hours of day you'd like to visit and on City of L.A. holidays …

continue a ler

community ja

ニッケイ・シニア・ガーデンズを訪ねて -サンフェルナンドヴァレーに生まれた日系高齢者向け住宅で“敬老”精神を実践-

昨年1月下旬、サンフェルナンドヴァレーのアーレタ市に介護付き住宅施設「ニッケイ・シニア・ガーデンズ」が誕生した。その名の通り、日系アメリカ人の高齢者を主な対象とした施設だ。まだ木々の成長も初々しい「ニッケイ・シニア・ガーデンズ」を訪ねた。

[inline:front.JPG]

施設を案内してくれたのは、エグゼクティブ・ディレクターのアラン・スライトさん。施設の管理者は日系人と思い込んでいた私は、白人のスライトさんを見て、少しびっくり。日本人らしい先入観だった、ここはアメリカなのだ。

聞けばスライトさんは、この施設を管理する会社シニョリティーから派遣されているという。同社はサンフランシスコにある日系高齢者向け住宅「ココロ」を管理しており、それが縁で「ニッケイ・シニア・ガーデンズ」も手がけることになったとか。

「ニッケイ・シニア・ガーデンズ」は、同施設から歩いて10分のところにあるサンフェルナンドヴァレー・ジャパニーズ・アメリカン・コミュニティ・センターの有志によって企画された。彼らが施設のために新会社を起こし、10年以上の年月をかけて認可の申請を行い、資金を集めた。実際に建設が始まったのは2007年からだという。昨年オープンして、現在の入居者は85名。入居占有率は86%に上る。不況時にしては高い数字なのだそうだ(入居者は日系人がほとんどだが、限定されているわけではない。人種の指定は法律で禁じられているからだ)。

スライトさんによれば、特定の人種や文化に根ざした介護付き住宅施設は近年増えており、日系の他には、ユダヤ系、中国系、韓国系などの施設があるという。多民族国家のアメリカだが、日系に限らず、自身の人種などに交友関係が固まってしまうことは多い。「入居者たちは、なじみのある文化を感じながら生活したいのです」(スライトさん)と、こちらの施設でも、和食の提供に加え(洋食のチョイス有り)、毎日午前と午後に行われているアクティビティでは書道や花札など日本の文化や遊びを楽しむことができる。

食堂で昼食を取っている入居者の方々に話を聞いた。入所して2ヶ月という女性は、「ここは食事がおいしいと聞いたから入ることに決めた」と話す。同施設で週7日毎日3食提供される食事は、缶詰や冷凍食品を使っていない。入居者の健康を気遣い、新鮮な野菜や果物だけで調理されるのだ。ちなみに、この施設の自慢の一つは入居者たちが家庭菜園を楽しめること。彼らが家庭菜園で収穫した野菜や果物をキッチンに寄付することもあるのだとか。


[inline:tomato.JPG]

話を聞いている最中に、日本人シェフの有川政行さんが食事をしている入居者たちのテーブルを廻り始めた。「食べ具合や残り具合を見て、健康状態を確認しています」と有川さん。有川さんは、日本でも介護士として働いた経験があり、高齢者の方々に喜んで食べてもらえるのが一番嬉しいという。日系人の居住者たちの間では、やはり有川さんの作る和食の評判が良く、肉豆腐や銀だらの西京焼き、そして毎週土曜日に提供される寿司などが人気メニューだ。


[inline:sushi.JPG]

入居者の家族の1人は、入居する母親を訪ねて毎週土曜日にやってくるという。彼女は、明るく陽がさんさんと射し込む施設について、「リゾートに来たみたい」と形容する。サンフェルナンドヴァレーの気候と広さも手伝って、新しい施設はたしかにリゾート施設のよう。ディスカバー・ニッケイの以前のコラムでも、ナンシー・マツモトさんが「サンフェルナンドヴァレーに住んでいるなら、この施設はパーフェクト!」と、ナンシーさんの母親がうらやましがったことを書いておられる。

取材中、1人の女性がスライトさんに「ちょっと話があるんだけど」と声をかけ、オフィスに入っていった。入居者だろうか、それとも身内の人だろうか? アメリカ流のオープンな姿勢だと感じた。一方で、スライトさんに日系人高齢者の特徴を尋ねると、「リスペクトを持って、フォーマルに接してもらうことを好むようです、慣習的な違いでしょう。私もまだまだ学んでいるところです」と答えてくれた。食事同様、日系人には何事も和洋折衷であるべきだ。そして何より高齢者に対しては“敬老”の気持ちがなければならない。

日系人高齢者たちにとって、こうして老後を気持ちよく過ごせる施設が、また一つ誕生したことを喜びたいし、この施設を完成させた日系人の方々の粘り強さに敬意を払う。そして、サンフェルナンドヴァレーにて敬老の精神を実践する、スライトさん以下職員の皆さんに、心から感謝の気持ちを送りたいと思う。

* * *

Nikkei Senior Gardens
9221 Arleta Avenue Arleta, CA 91331
(818) 899-1000
http://www.nikkeiseniorgardens.com/

continue a ler

community en ja

40 Families History Project

Local library traces the history of 40 families through a commemorative photo of Japanese immigrants living in Palos Verdes at the beginning of the 20th Century

“Looking at the photo, I wondered who these people were. Who are they? Who are their families? I wondered if we couldn’t piece it all together.”

So thought Marjeanne Blinn, a Palos Verdes Library District librarian, as she looked at a photo of Japanese American families on the wall of the Local History Room where she works.

[inline:40 Families12_lg.jpg]

The caption below the photo—written in Japanese—says “Photo commemorating the inauguration of the agricultural union …

continue a ler

business ja

米で指圧師歴29年のベテラン、目時強さん-数々のミラクル施術も 「良くなった」と言われるのが嬉しい-

アメリカに来て、一般のアメリカ人に普及していることに驚いたもの…スシ、カラオケ、クロサワ、ハローキティ…。そしてもう一つ、シアツだ。リトル東京で「E-Z 指圧&マッサージ」を経営する目時強(めとき・つよし)さんは、1981年からアメリカで指圧師として働き始めた。まだほとんどのアメリカ人が、ツボを押される心地良さを知らなかった頃だ。

[inline:Standing.jpg]

アメリカで働き始めた頃は、お客さんはアメリカ人が大半だった。「お客さんには嫌がられました。私が強く押すから嫌だって言うんです。そういうお客さんばっかりだったですね。こちらでは指圧が使えないと分かりました」

目時さんは、日本で指圧師の学校に通いながら、治療院でインターンとして働いていた頃、お客さんの一人で、不動産業を営む社長がアメリカの温泉に投資していることを知った。そこに日本人の指圧師を連れて行きたいというのである。もともとアメリカが好きで、移住するのにビザが取りやすいとの話を聞きつけ、指圧を勉強していた目時さんには“渡りに舟”の話。すぐに飛びついた。

80年代初頭と言えば、まだ日本が右肩上がりの好景気の時代、目時さんは、くだんの社長が投資していたシティ・オブ・ブレア(オレンジ郡)のラビダ温泉で働き始めた。日本で指圧を受けに来るお客さんは、たいてい肩のこりや腰痛など体の不具合を訴えるが、ラビダ温泉では全く違った。

「そこはスウェディッシュ・マッサージの店でした。リラックスするためのマッサージですね。温泉に入った後、お客さんは(マッサージ用)ベッドの上に裸で横になってるから、体中に油を塗って、さすればいいんです」

いわゆるアロマセラピーも、このスウェディッシュ・マッサージの一種。癒し効果に期待できる。もちろん、スウェディッシュ・マッサージの経験などない目時さん、店が終わるとスウェディッシュ・マッサージの学校に通った。

「私は嫌でね、こんなのやりに来たんじゃないと。お客さんが寝たと思ったら、体を押してました。自分としては日本から指圧のために来たんだから、指圧をどんどん経験したかったですね」

当時から、ダウニーに今のジャパン指圧センター、ガーデナにジャパン・ヘルス・スパ、そして、そしてサンワ・ヘルス・スパなど、日本人の経営する指圧マッサージも数軒店を開いていた。けれどまだまだツボを押す指圧は、アメリカ人には敬遠されていたのである。

ラビダ温泉から日系のタワスパ(リトル東京)へ職場を変え、指圧マッサージ師として目時さんが多忙な毎日を過ごしていたころ、ある大事件が起き、マッサージ界は大打撃を受けた。1985年、米俳優ロック・ハドソンのエイズ死である。

「ロック・ハドソンが死んで、エイズが有名になった。それからマッサージは閑古鳥ですよ、エイズがうつるって」

マッサージは風呂(スパ)に入ってから受けるもの。エイズ患者と同じ風呂に入るとエイズがうつると、ウワサになったのだ。もちろんデマである。今ではエイズは性行為、血液を介して感染することが知られている。

「エイズがどういう状況でうつるかという情報が、丸っきりいい加減だったんです。我々の業界は本当大変でしたね。その頃スパに来るのは日本人だけでした」

やがてエイズへの誤解もとけ、徐々に客足が戻り始めた頃、80年代半ばから90年までの日本の円高ブームが起きた。今では考えられないが、リトル東京にも日本人観光客がワンサとやって来たのである。

「日本から、どっと観光客やらビジネスマンがロスに押し寄せてきた。お風呂だ、マッサージだってブームになりました。日本人はアメリカ人のマッサージは受けませんからね。あの頃が一番だったと思います」

[inline:Massage table.jpg]

タワスパを辞めた後、一時は派遣専門の指圧マッサージ師として生計を立てていたが、現在は、仲間とリトル東京で「E-Z 指圧&マッサージ」を開いている。80年代からリトル東京で指圧の普及に貢献してきた目時さん、ぜひリトル東京で店を開いてほしいとのお客さんからのリクエストに応えたのだ。そこには、リトル東京でも日本人以外(中国系、韓国系)の指圧マッサージ師が大半になったという背景がある。
   
「今が一番キツイ」(目時さん)という不況の中、クーポンを配ったり、シニア割引をしたり、苦心しながら日系社会での長い付き合いでお客さんを集めている。最近はリトル東京に近い市庁舎などからアメリカ人公務員たちも目時さんの指圧を受けにやってくる。

「みなさんがやってもらいたいポイントは、だいたい決まってます。肩、首、腰、この順でしょうね。(どの箇所を押すのかは)凝ってくると硬くなりますから分かります。お客さんには、血行が悪くなっている状態を“凝っていると”説明しているんです。コンピュータの前に座っている状態が長く続くと、無理が来て血行障害で硬くなるんでしょう」

目時さんいわく、その血行障害が眠れない(眠りの浅い)状態を生み出すことがある。指圧マッサージで、ある程度解消すると眠れるようになるという。「眠れるようになると、今度は体のコンディションもよくなる。だから眠れなくなるというのは、体が凝ってきているというシグナルじゃないですかね」

目時さんの起こしたミラクルな治療のひとつに、転んででん部を強打し歩けなくなったリトル東京に住む80代の男性の例がある。カイロや針、さまざまな治療を試みたが一向に良くならないという。最後の頼みの綱が目時さんの指圧マッサージだった。

「うちに来て、『治りますか』と言われたので、『治る』と言いました。歳だから普通の人みたいに強くは押せなかったけれど、普通の腰の悪い人と同じ治療をしました。不快にならないような押し方に気をつけました。週に一回来て一ヵ月後には立てるようになりましたよ」。今では一人で歩行器を使い、目時さんの店にやって来るという。

かくいう私も目時さんのミラクル治療の経験者だ。数年前、私は運動で股関節を痛め、足を引きずり、目時さんの指圧マッサージを受けに行ったことがある。「来て良かったね。年取ったら、歩けなくなるところだった」と言われ、1時間じっくり施術してもらうと、あら不思議、すたすた歩けるようになった。あのままだと体中がゆがんでしまいそうだったから、本当に行って良かったと思っている。

「やっぱりお客さんに楽になったと言われるのがいいですよね。行くたびに楽になると言われるのは嬉しい。そういうのが楽しくてやってるんじゃないですかね」(目時さん)


* * * * *

[inline:metoki_.jpg]

E-Z Shiatsu & Massage

400 East 2nd Street, #205
Los Angeles, CA  90012
(Honda Plaza Mall内)
(213) 680-4970‎

 

continue a ler

food en ja

Preserving The Origins of Sushi – Chef Toshihiko Seki: The “Japanese Flavor” that can only be pursued in Little Tokyo, Los Angeles

“Did I struggle in the East Coast? Not at all.”

Toshi-san stands behind the counter, and with a disarming smile asks, “Is there anything that you don’t like?”

[inline:Seki Toshihiko.jpg]

Toshi Sushi is located three doors down from the Japanese American National Museum in Little Tokyo. The man behind the counter preparing the sushi is the owner of this establishment, Toshihiko Seki. Known as “Toshi-san” to all of his patrons, he made his move from Connecticut to Los Angeles just three years ago.

“Among the restaurants in the New England area (includes 6 states: Connecticut, New York, Massachusetts, New Hampshire, …

continue a ler