BEGIN:VCALENDAR VERSION:2.0 PRODID:-//PYVOBJECT//NONSGML Version 1//EN BEGIN:VEVENT UID:events.uid.4986@www.discovernikkei.org DTSTART:20150606T000000Z DTEND:20150705T000000Z DESCRIPTION:<strong>日伯外交関係樹立120周年記念特別展示\n 「移民画家 半田知雄の世界」 \n二宮家ブラジル移住60 周年記念コレクション</strong>\n\n半田知雄は1906(明治39 )年、青森県八戸市で生まれ、1917(大正6)年、11歳で 父母と共にブラジルへ移住。コーヒー農園で働きまし た。1921(大正10)年、14歳でサンパウロ市に出て日本語 新聞「ブラジル時報」の文選工※として働きながら日 本語とポルトガル語を学び、絵の修行を始めます。1935( 昭和10)年サンパウロ美術学校を卒業し、画家を志す日 系の仲間とサンパウロ美術研究会(聖美会)を結成。 移民の生活を題材にした作品を多く残し、その作品は 絵画作品として優れているだけでなく移民研究の史料 としても高い評価を受けています。また、ブラジル日 本人移民史研究者として、『今なお旅路にあり』、『 移民の生活の歴史』、『ブラジル日本移民史年表』な どの著作も残しました。\n\nJICA横浜海外移住資料館が、 サンパウロ大学教授の二宮正人氏より寄贈を受けた、 半田知雄の油絵作品19点、同時代の日系人画家高橋吉左 衛門、大竹富江らの作品あわせて26点を展示し、ブラジ ルで日本人が貢献した分野として、農業と並び称され るほどの評価を受ける日系芸術家の足跡を紹介します 。&nbsp\;\n\n開催期間: 2015年6月6日(土)~7月5日(日)\n \n会場: JICA横浜 海外移住資料館 企画展示室\n\n<a href="h ttp://www.jomm.jp/events/index.html#handa" target="_blank">詳しくはこ ちら>></a> SUMMARY:日伯外交関係樹立120周年記念特別展示「移民画家 半田知雄の世界」 二宮家ブラジル移住60周年記念コレクション URL:/en/events/2015/06/06/ja-4986/ END:VEVENT END:VCALENDAR