BEGIN:VCALENDAR VERSION:2.0 PRODID:-//PYVOBJECT//NONSGML Version 1//EN BEGIN:VEVENT UID:events.uid.1430@www.discovernikkei.org DTSTART:20070223T000000Z DTEND:20070324T000000Z DESCRIPTION:移民研究会のお知らせ\n\n梅の花が美しく咲い ております。お変わりなくお過ごしでしょうか。\nさて 2月は2回の例会を予定しております。\n第1回目の例会 は、中国内モンゴル大学モンゴル学学院のオンドロナ (温都日娜)さんをお招きして、民族間婚姻(モンゴ ルを例に)についてお話しをうかがいます。最近ご執 筆なさった博士論文(島根県立大学に提出)で扱われ たテーマです。オンドロナさんは、昨年、モンゴルに 帰国なさる前に津田塾大学を訪ねてくださいました。 今回は短い日本滞在の間に、研究会で報告してくださ います。興味深い内容ですので、ぜひご参加ください ますように。\n\n日時 2007年2月17日(土曜日 ) 18:00-19:30\n\n場所 国際文化会館  セミナー室B\n\n 106-0032 東京都港区六本木5-11-16 電話 03-3470-4611\n 都営大江戸線 麻布十番駅下車 7番出口 より徒歩4分\n 東京メトロ南北線 麻布十番駅下車 4 番出口より徒歩7分\n 東京メトロ日比谷線 六本木駅 下車 3番出口より徒歩10分\n\n講師 オンドロナさん\n\n 演題 民族間婚姻にみる地域社会の変化\n    \n\n\n 第2回目の例会では、菅(七戸)美弥会員に、最近の ご研究についてご報告いただきます。アメリカのセン サス(国勢調査)のデータから見る日系人・在米日本 人の異人種間結婚の動向や「エスニック・ルーツ」へ の回答など、具体的なお話しをうかがいます。お忙し いことと存知ますが、ぜひご参加くださいませ。\n\n日 時 2007年2月23日(金曜日) 18:00- 19:30\n\n場所 国際文化会館 セミナー室B\n\n講 師 菅(七戸)美弥(東京学芸大学助教授)\n\n演題 「 人種」と「エスニック・ルーツ」からみる ”Japanese popu lation in the U.S.”\n ――2000年センサスデータの分析\n   \n\n3月の例会では、粂井輝子先生のご紹介で、森 祖道先生を講師としてお招きします。\n森 祖道(もり  そどう)先生は、城西大学・愛知学院大学の教授を 経て、現在、大正大学総合佛教研究所顧問・パーリ文 献協会(イギリス)日本代表などを務められており、 ご専門は佛教学です。『パーリ仏教註釈文献の研究』 、Studies of the Pali Commentariesなど数多くのご研究を発表な さっておられます。貴重な機会ですので、多数のご参 加がありますように。\n\n日時 2007年3月24日 (土曜日) 14:00-15:30\n\n場所 津田ホ ール T105\n\n 151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-18-24  電話 03-3402-1851 \n JR線 千駄ヶ谷駅下車(改札口 は1か所) 徒歩2分\n 都営大江戸線 国立競技場駅 下車 A4出口より徒歩2分\n\n講師 森 祖道先生\n\n演題  全米日系人博物館所蔵の『一字一石経』\n ――北 米・ハートマウンテン強制収容所墓地跡からの出土品\n \n\n(予約は必要ありません。)\n\ncontact / 連絡先: 小澤 智子(Tomoko Ozawa)\nemail: <a>tom@abox.so-net.ne.jp</a>\n SUMMARY:移民研究会 Imin Kenkyukai--monthly meetings for Feb. and March 2007 URL:/en/events/2007/02/23/imin-kenkyukai--monthly-meetings-for-feb-and-marc h/ END:VEVENT END:VCALENDAR