ryusukekawaiによるコンテンツ

「米國日系人百年史」を読み直す~パイオニアたちの記録をたどって

第11回 オレゴン州の日系人~その2

川井 龍介

第10回 オレゴン州の日系人~その1を読む>>カリフォルニア州とワシントン州の間に位置するオレゴン州。漢字では央州とも記すオレゴン州の日本人移民もまた、白人社会からの排日運動や攻撃を受けてきた。「百年史」では、排日の歴史を時代をわけてまとめている。概要は以下のとおりである。

「米國日系人百年史」を読み直す~パイオニアたちの記録をたどって

第10回 オレゴン州の日系人~その1

川井 龍介

太平洋岸のオレゴン州は、北はシアトルやタコマのあるワシントン州、南はサンフランシスコ、ロサンゼルスのあるカリフォルニア州の間に位置する。漢字で表わせば、カリフォルニアが「加州」と表記されるのに対し、ワシントン州は「華州」、さらにオレゴンは「央州」と表わされているが、これはほとんど知られていないのではないか。

「米國日系人百年史」を読み直す~パイオニアたちの記録をたどって

第9回 「中部加州」の日系人

川井 龍介

第8回「南部加州の日系人 ~ その4」を読む >> 各州別に日系人の足跡を紹介している米國日系人百年史を、これまでカリフォルニア州のページから眺めてきた。北部加州(北カリフォルニア)で1回、南部加州(南カリフォルニア)は4回にわたって紹介した。カリフォルニアの最後は、フレスノ(Fresno)をはじめとする中部加州(Central California)の日系人についてのおよそ60ページを読んでいきたい。

「米國日系人百年史」を読み直す~パイオニアたちの記録をたどって

第8回 南部加州の日系人~その4

川井 龍介

第7回 「南部加州の日系人 ~ その3」を読む >> 1000人以上にのぼる個人史が集積米國日系人百年史は、第二篇で各州における日系人の足跡を追っていて、そのなかでカリフォルニア州が約半分を占めている。一方の足跡については各州、各地域ともページのほとんどを数多くの日系人の個人と一部団体の紹介で埋めている。

「米國日系人百年史」を読み直す~パイオニアたちの記録をたどって

第7回 南部加州の日系人~その3

川井 龍介

第6回 「南部加州の日系人 ~ その2」を読む >>  ロサンゼルスに登場した幾種類もの日系人団体

「米國日系人百年史」を読み直す~パイオニアたちの記録をたどって

第6回 南部加州の日系人~その2

川井 龍介

第5回 「南部加州の日系人 ~ その1」を読む >>アメリカにわたった日本人は、出身地や宗教、職業などを基準として多くの団体を組織していくが、その一つにロサンゼルスでは「南加中央日本人会」という組織が早くに誕生、さまざまな分野で戦争直前まで活動をつづけた。

「米國日系人百年史」を読み直す~パイオニアたちの記録をたどって

第5回 南部加州の日系人 ~ その1

川井 龍介

第4回「北部加州の日系人」を読む >>「米國日系人百年史」(1961年)を編集した新日米新聞社がロサンゼルスを拠点としたということもあるだろうが、ロサンゼルスを中心とする本書の第二章「南部加州 (SO.CALIFORNIA)」は、全1431ページのうち440ページにもわたっている。

「米國日系人百年史」を読み直す~パイオニアたちの記録をたどって

第4回 「北部加州」の日系人

川井 龍介

「米國日系人百年史」(1961年発行)は第一篇「総論」と、第二篇「各州日系人発展史 地方篇」の二つに大きく分かれる。このうち、全体の約3分の2にあたる1000ページほどをさいて全米各州別に日本人、日系人の百年の足跡をたどっている。ページ構成をみると、カリフォルニア州だけが北部、南部、中部とわけられ全体の約半分を占め、残り半分が他の州にあてられている。

「米國日系人百年史」を読み直す~パイオニアたちの記録をたどって

第3回 移住、被爆体験、平和運動へ ~ ジャーナリスト、加藤新一の仕事(下)

川井 龍介

第2回 「加藤新一の仕事(上)」を読む >>  新日米新聞社の編集主幹として「米國日系人百年史」を取材、執筆、編集した加藤新一は、太平洋戦争を挟んで日米を行き来して生涯を終えた。アメリカに対する思いは被爆体験からすれば複雑だったはずだが、アメリカの民主主義を評価し移住した日本人・日系人の足跡を記録、後半生は平和運動に尽力した。

「米國日系人百年史」を読み直す~パイオニアたちの記録をたどって

第2回 全米を9ヵ月、4万マイルにわたり取材 ~ ジャーナリスト、加藤新一の仕事(上)

川井 龍介

1961年末にロサンゼルスの新日米新聞社より出版された1431ページにおよぶ「米國日系人百年史」のあとがきを「編者」として、取材、執筆にもあたった加藤新一がまとめている。

Login or Register to join our Nima-kai

サイト情報

日本のジャーナリスト、ノンフィクションライター。
ジョン・オカダの小説「No-No Boy」を読んだのがきっかけで、日本人移民、日系人について興味をもつ。もっと日系アメリカ人のみなさんに日本に来てほしいと願っています。 

日系関連の興味分野

  • コミュニティ
  • 家族史
  • 日本町

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館


主な援助
日本財団