masayukifukasawa

Brazil

2018年からニマ会員

masayukifukasawaによるコンテンツ

特別座談会: 四世ビザはどうあるべきか?=日伯交流の将来担う人材育成の枠組みとして=

第2回 元デカセギ子弟、島野パトリシアさん - 高校進学と母の急死

深沢 正雪

第1回を読む >>

特別座談会: 四世ビザはどうあるべきか?=日伯交流の将来担う人材育成の枠組みとして=

第1回 元デカセギ子弟、島野パトリシアさん ー 10歳で母と共に日本へ

深沢 正雪

四世ビザが成功して五世、六世まで訪日就労しながら日本文化を学べるようになるならば、この査証制度は日系社会の将来を左右する大事な制度ではないか――そんな問題認識に基づいて、元デカセギ子弟で帰伯後にブラジルで弁護士になった島野パトリシアさん、デカセギ対応の最前線にいる国外就労者情報援護センター(CIATE)の専務理事・永井康之さんを迎えて、ニッケイ新聞の深沢正雪編集長と座談会を行った。

The 110th Anniversary of Japanese Immigration to Brazil: Complete Return of Santos Japanese School, Long-Awaited ‘True War End,’ Finding Ways to Live Together in Peace, Overcoming Prejudice Against Foreigners - Part 4

深沢 正雪

Read Part 3 >>

The 110th Anniversary of Japanese Immigration to Brazil: Complete Return of Santos Japanese School, Long-Awaited ‘True War End,’ Finding Ways to Live Together in Peace, Overcoming Prejudice Against Foreigners - Part 3

深沢 正雪

Read Part 2 >>

The 110th Anniversary of Japanese Immigration to Brazil: Complete Return of Santos Japanese School, Long-Awaited ‘True War End,’ Finding Ways to Live Together in Peace, Overcoming Prejudice Against Foreigners - Part 2

深沢 正雪

Read Part 1 >>

The 110th Anniversary of Japanese Immigration to Brazil: Complete Return of Santos Japanese School, Long-Awaited ‘True War End,’ Finding Ways to Live Together in Peace, Overcoming Prejudice Against Foreigners - Part 1

深沢 正雪

“The Japanese language school was frozen and condemned by the Brazilian government as hostile property. It will be the true war’s end for me when the school gets returned to us the Nikkei.” This was what Arata Kami, who had led a campaign for getting the school back for over …

《幾山河ここに恋あり命あ里》に込められた想い

深沢 正雪


親が日系人だと算数の成績が良くなる?!

深沢 正雪


バイリンガル教育としてのコロニア日本語教育

深沢 正雪


Nikkei Chronicles #6—Itadakimasu 2!: Another Taste of Nikkei Culture

Hello Again Feijoada

深沢 正雪

“I enjoyed it for the first time in three years.” In June, 2005, Makoto Oka, (age 66 at the time) chairperson of Brazil Okayama Kenjinkai (prefectural association) commented on the feijoada, a major Brazilian dish, with a face that showed his getting over some past woe.

Login or Register to join our Nima-kai

サイト情報

1965年11月、静岡県沼津市生まれ。92年にブラジル初渡航し、邦字紙パウリスタ新聞で研修記者。95年にいったん帰国し、群馬県大泉町でブラジル人と共に工場労働をした体験をまとめたものが99年の潮ノンフィクション賞を受賞、『パラレル・ワールド』(潮出版)として出版。99年から再渡伯。01年からニッケイ新聞に勤務、04年から編集長。著書は『一粒の米もし死なずば』(無明舎、2014年)、『勝ち組異聞』(無明舎、2017年)など。

最新情報を入手

最新情報メールの配信登録

Journal feed
Events feed
Comments feed

プロジェクトをサポート

ディスカバー・ニッケイ

ディスカバー・ニッケイは、互いにネットワークを広げ、日系の体験談を分かち合う場です。プロジェクトを継続し、より良いものにしていくためには、皆さまのご協力が不可欠です。ご支援お願いします!

サポートの方法>>

プロジェクト企画 全米日系人博物館


主な援助
日本財団