ニッケイ物語 7—ニッケイ・ルーツ:私たちの文化の足跡をたどる

これまでの「ニッケイ物語」シリーズでは、食、言語、家族や伝統など、日系人特有のさまざまな文化を探求してきました。今回は、ニッケイ文化をより深く、私たちのルーツまで掘り下げました。

ディスカバー・ニッケイでは、2018年5月から9月までストーリーを募集し、全35作品(英語:22、日本語:1、スペイン語:8、ポルトガル語:4)が、アルゼンチン、ブラジル、カナダ、キューバ、日本、メキシコ、ペルー、米国より寄せられました。このシリーズでは、ニマ会メンバーによる投票と編集委員による選考によってお気に入り作品を選ばせていただきました。その結果、全5作品が選ばれました。

お気に入り作品はこちらです!

 編集委員によるお気に入り作品:

  ニマ会によるお気に入り作品:

当プロジェクトについて、詳しくはこちらをご覧ください >>


その他のニッケイ物語シリーズ >> 

identity en ja es pt

私の日系習わし

私が6歳の頃から、両親は毎年、姉と私をロサンゼルスのダウンタウンにあるリトル東京で開催される二世ウィーク祭に連れて行ってくれました。日本村プラザに連なるたくさんのお店のなかのひとつで、作りたてのお団子とコロッケを初めて買ってもらった時のことを覚えています。甘いたれのかかったお団子と、その後に食べた香ばしいとんかつソースのかかったコロッケがよく合って、二世ウィーク祭での私達家族の毎年恒例のおやつとなりました。

日本村プラザの光景や匂いを楽しみながら家族みんなでプラザ内を歩き回っていると、父がたくさんの知らない人達に挨拶しているのに気付きました。私はいつもその人たちが誰なのか疑問に思い、きっと父の職場の友達なのだろうと思っ…

続きを読む

community en ja es pt

150年の時を経て蘇る会津若松の魂のお茶

若松コロニーの歴史

今から約150年前の1869年、戊辰戦争で敗れた会津若松からアメリカ、カリフォルニア州ゴールドヒルに約22名の米国本土移民第一号のグループがやって来た。(ハワイへの最初の移民は1868年。)このグループは、ジョン・シュネルというプロシア人に率いられ、アメリカで新天地を作ろうと会津若松からやってきた先発隊である。

このジョン・シュネルという人物は平松武兵衛という和名をもつ会津若松藩に武器を収めていた武器商人で、ゴールドラッシュで賑わっていたゴールドヒルの街の近くでお茶と絹を作り生計を立てようと考えていた。そして日本人の妻と二人の娘、この22名の一行を連れてゴールドヒルへ入植。若松コロニー(Wakam…

続きを読む

food en ja es pt

パラナの「グルッポ・ヒカリ・デ・ロンドリーナ」の伝統行事『餅つき』

もち米で作った団子「餅」は、ブラジルの日本移民や日系人の多い地域のスーパーや朝市、日本食品店で簡単に手に入ります。

店頭に並ぶ餅を見る人の多くは、日本文化における餅の由来や意味など知らないと思います。

餅を作るのはとても手間がかかる作業ですが、昔からブラジルの日系コミュニティでは結婚式やお正月のお祝いに欠かせないものでした。

一晩水に浸したもち米を蒸して、それを臼に入れて男性たちが槌で搗いて餅を作ります。美味しい餅を作るには5人の男の力が必要だったと言われています。

親族や友人が交代でもち米を浸し、蒸し、それを臼にいれて搗いて餅を作っていました。

皆の協力で出来たたくさんのお餅は、皆で味わって食べました。

続きを読む

war en ja es pt

ツールレイク軍事刑務所日誌:生存者の物語

45年前、私は父、タツオ・イノウエと実家のキッチンに座り、父のツールレイク軍事刑務所日誌を書き写していました。まだ幼かった現在50代の二人の息子たちが奥の部屋で眠る間、毎晩私たちは煙たい部屋で、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の講義に提出する論文を書き進めていました。

それは単なる課題ではありませんでした。それは私たちの家族の物語、私たちの声、アメリカに刻まれた私たちの足跡でした。

最初にお伝えしておきたいのは、強制収容末期に生まれた三世の私には、収容所の記憶は全くないということです。けれども私の家族は収容所について詳しく話していましたし、遺留品もたくさん保管していたと思います。家には大きな木の看板があり、ずいぶん後…

続きを読む

culture en

Pictures and Poetry: Deepening the Connection to my Japanese Roots

Growing up Sansei in my part of California’s San Gabriel Valley meant you didn’t have to work very hard to stay connected to your Nikkei roots—they were all around you. Every family that lived on our South San Gabriel street was Japanese American. We shared Japanese food, holidays, and a mania for gift giving. Our most exotic neighbors were from Okinawa, which as a child I took to be a country separate from Japan. Our local Issei “fish man” would come by weekly his truck to sell the neighborhood moms sashimi-grade tuna and fresh tofu, and our favorite Botan ricecandies …

続きを読む

タグ

Brazil california camps Chronicles community culture father fukushima Gold HIlls grandparents Groupo Hikari identity immigrants incarceration issei Jack Rabbit Farm journalist judo little tokyo Londrina Los Angeles manzanar migration mochi Mochitsuki